ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ベネズエラ》腐った肉に人々が長蛇の列 電力不足で冷凍もできず

《ベネズエラ》腐った肉に人々が長蛇の列 電力不足で冷凍もできず

 国民が生活の危機に瀕するベネズエラでは、品質が保証されない、傷んだ肉を買うためにさえ、人々が長蛇の列をなしていると、23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。

 マドゥーロ独裁政権の失政により、同国のインフレ率は100万%に達し、約3千万人の国民の内、230万人が国外に脱出したとされているが、国内に残る市民は食生活にも窮している。

 23日にグローボ局が流したマラカイボ市からの報道では、肉屋の前に行列が出来ていたが、映し出された牛ひき肉や鶏肉の色は明らかに悪い。これらの肉は売られている段階で既に悪臭を放っていたが、たんぱく源不足のおりに廉価で買えるため、人々が殺到したという。

 こうした事態が起きるのは、昨年後半から既に肉不足が起き、同国民がたんぱく質不足になっていることに加え、最近ではそこに電力不足が追いうちをかけ、肉の冷凍保存がままならなくなっているためだ。

 こうした状態は9カ月ほど前から続いているが、今月起きた火災で送電線が焼けた後は状況が悪化。腐った肉を食べて病気になった人もいるというが、低価格で買える肉はこのようなものしかないため、「レモンや酢で洗って食べれば何とかなる」と言って買っていくのだという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ