ホーム | コラム | オーリャ! | 日系人の日本語離れ

日系人の日本語離れ

 ポレト・アレグレ市の日本語学校は生徒数120人。校長の大澤秀子グチエシスさん(60代、北海道)は「17、8年前は生徒が40人で経営難だった」と言う。

 当時の生徒は日系子弟だけだったため、大澤さんは非日系人も受け入れるよう経営母体である文協に掛け合った。すると反対の声や「方針を変えるくらいなら、いっそのこと閉校したら」という意見が大多数だった。

 しかし、当時文協役員だった谷口浩さんなどの後ろ盾を得て、なんとか存続が決まった。現在、生徒の9割が非日系人、漫画の描き方を教えるコースも開講している。

 大澤さんは「日系人は日本語を無料で教えてもらえると思っていて、親は月謝を払ってまで子供を日本語学校に通わせようと思わない」と話す。

 両親が畑仕事の合間に日本語を教えていた時代と、共働きが多い今では環境が違う。日本語に魅力を感じる非日系人が増えるなか、日系人の日本語離れが進むのは悲しい。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 客はオタクだけじゃない?2017年5月12日 客はオタクだけじゃない?  週末のリベルダーデ駅の東洋市には、食べ物や雑貨の出店が並んで賑わっていて、太陽堂書店にもたくさんの客が集まっている。多くは非日系人のようだ。  同書店の店長の浦山美千枝さんに聞くと「10年位前から非日系人のお客さんがどっと増えた」と話す。店内で特に目を引くのは手編みや刺繍な […]
  • 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」2016年1月30日 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」  「かるたは日本語学習にも有効です!」。先日の講習会に来伯した専門家がそうアピールした。「百人一首は、ひらがなさえ読めれば誰でもできるから」というのが理由らしい。 とは言っても和歌は古文。内容を理解するのは難しい。一見敷居が高そうだが、セミナーを取材して少し納得した。字面で文字 […]
  • オーリャ!2015年9月29日 オーリャ!  インターネットを使ったテレビ電話が一般化し、語学学習のあり方も変わってきた。最近聖市の語学学校CNAが興味深い授業を始めた。英語を学びたい生徒が、米国の老人ホームの高齢者とテレビ電話で話すのが特徴だ。 通常のネット語学学習には見られない、心のつながりが上達の秘訣だという。お年 […]
  • オーリャ!2014年5月17日 オーリャ!  スザノでの取材を終え、リベルターデへ帰る電車の中、チラリと見えた少年の携帯電話の画面には、日本の有名バスケット漫画『SLAM DUNK』の名シーンが。 非日系と思しき少年は集中した様子で、次々と新しいページをダウンロードし、伯語化された漫画を読み進めていく。日本文化の浸透 […]