ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 アドベンチスタ希望の庭教会は老人医学講演会『治せる痴呆症と治せない痴呆症』を9月1日午後2時半から、同教会(Rua Mauro, 32)で開催する。入場無料。今年で3回目の開催となる今回は、老人医学専門家医でサンタクルス病院老人科の森澄香医長を招く。森規和郎名誉牧師は「幅広い経験と知識に基づいてお話されますので、きっと皆様の痴呆症予防のための良い助けになると思います」と参加を呼びかけている。問合せは、森名誉牧師(11・3586・5355)まで。

     ◎

 商議所の部会長シンポでは、興味深い情報が披露された。清水建設では「ヒビダス」というシステムを使って、老朽化した建物のひび割れや剥離を検査するサービスをやっているという。いわく《従来の、人による目視・打音調査の代替となる高感度赤外線と熱画像で同時撮影し、画像処理により「ひび割れ」や「浮き・はく離」等を抽出し、損傷展開図を作成》とある。古いアパートに住んでいて、ひび割れなどが気になっている人は、シンジコなどに相談し、一度検査してもらったほうが安心かも。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月23日 大耳小耳  9月に慈善事業スキヤキ・ド・ベンを成功させた陶芸家の本間秀子さんによる「茶碗プロジェクト」が24日午後7時からジャパン・ハウス(av Paulista, […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]