ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 アドベンチスタ希望の庭教会は老人医学講演会『治せる痴呆症と治せない痴呆症』を9月1日午後2時半から、同教会(Rua Mauro, 32)で開催する。入場無料。今年で3回目の開催となる今回は、老人医学専門家医でサンタクルス病院老人科の森澄香医長を招く。森規和郎名誉牧師は「幅広い経験と知識に基づいてお話されますので、きっと皆様の痴呆症予防のための良い助けになると思います」と参加を呼びかけている。問合せは、森名誉牧師(11・3586・5355)まで。

     ◎

 商議所の部会長シンポでは、興味深い情報が披露された。清水建設では「ヒビダス」というシステムを使って、老朽化した建物のひび割れや剥離を検査するサービスをやっているという。いわく《従来の、人による目視・打音調査の代替となる高感度赤外線と熱画像で同時撮影し、画像処理により「ひび割れ」や「浮き・はく離」等を抽出し、損傷展開図を作成》とある。古いアパートに住んでいて、ひび割れなどが気になっている人は、シンジコなどに相談し、一度検査してもらったほうが安心かも。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年11月27日 大耳小耳  アドベンチスタ希望の庭教会は、老人医学専門医である森澄香医師を招き、「老人医学講演会」を来月1日午後2時半から、同教会(Rua Mauro, […]
  • 大耳小耳2019年7月13日 大耳小耳  現在、北海道文化協会の婦人部、はまなす会に所属する女性は25人ほど。鈴木妙子会長によれば「年々高齢化し、外にあまり出られない人もいるので、10人くらいで何とかやっています」と人数不足に悩まされているのだとか。そのような状況下で、何年か前からYOSAKOIソーラン「一心」の若者 […]
  • 大耳小耳2019年7月12日 大耳小耳  11日付のエスタード紙が、日本食レストラン「木下」の元オーナーシェフ、有名寿司職人の村上剛史さんが、8月にジャルジン・パウリスタ区(Alameda Min. Rocha Azevedo, […]
  • 大耳小耳2019年7月5日 大耳小耳  ニッケイ新聞の表札ともいえる1面の「題字」が、本日から変わった。以前は横書きだったが、縦書きにした。背景には、ブラジル日系社会の新聞らしく、鳥居、オウム、サクラをあしらった。ぜひ読者からの感想を聞きたいところ。「以前より日本の新聞らしくなった」とか、逆に「ちょっと軽すぎでは」 […]