ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月10日付け

 バイリンガル連載でエリート二世の一部が「セギメント・ニッケイ」という表現を使っていることを紹介したが、一世にとってはまったくピンとこない言葉だ。まだしも「コムニダーデ・ニッポ・ブラジレイラ」(日系ブラジル人コミュニティ)なら、ときどき聞く言葉ではある。一世にとって「コロニア」という言葉には、〃余語〃を以って代え難い愛着がある。そういうニュアンスは、逆に二世にとって分からない。情報としての言葉は通じても、込められた真意を理解するのはお互いに難しい。
     ◎
 ブラジル愛知県人会が主催して、十六日に行われる「筝曲演奏会」。今回来伯するメンバーの一人西村涼子さんは、日系ブラジル人。現在は家族と一緒に日本に住んでいるが、ブラジルに住んでいた当時は、作曲家の島田正市さんの指導を受けていたのだとか。「琴の演奏の指導は日本で受けたのかな。楽しみだ」と島田さんは嬉しそうな表情で話していた。里帰り公演での演奏が楽しみ。
     ◎
 今月十七日に北海道交流センターでディナーショーをおこなう北海道安平町出身の若手演歌歌手・正木はじめさん。二月の雪だるま祭りに参加するため初来伯した正木さんは、同協会の青年部の温かい歓迎を受けた。今回の来伯も、青年部長の自宅に滞在させてもらっているそう。先日は、青年部メンバーといっしょにウバトゥーバのプライアを訪れ、初めてのブラジルの海を満喫したという。二月の雪だるまは解けてしまったが、これをきっかけに日伯の青年同士の新たな絆が育まれているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]