ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 文協で13日に行なわれた人文研の古本市。総売上げは5500レアルだったと報告があった。諸経費を差し引いて純利益は4500レと、主催者の期待を上回ったようだ。「来場者は200人弱と推定。出品した書籍の半分ぐらいは販売することができた」と喜びの声。在庫は文協、熟連、その他日系団体に分配するという。古本は本紙編集部(Rua da Gloria, 332, Liberdade)でも取り扱ってるので関心のある方はぜひ。書籍の買取や寄付も受付中。
     ◎
 『朝陰』436号が2月に発行された。「棗熟れ無住久しき移民寺」(湯田南山子)、「春惜しむハッピーエンドのノベラ見て」(中馬和子)、「レジストロの伯母の土産やマンジューバ」(西川あけみ)、「後光めく春の入日やモヂの山」(佐々木君代)、「地震なき熱帯国の蚊の恐怖」(村上士郎)、「ランプ下げ通ひし句会念腹忌」(新津稚鴎)、「文協の餅搗き行事絶え久し」(野村いさを)、「日本語も遠くなりけり新年会」(小松八景)、「ブラジル語は生涯不自由文化の日」(宍戸裕雄)など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2015年10月10日 大耳小耳  岐阜県人会が同会事務所(Rua da Gloria, 279, sala […]
  • 大耳小耳2014年12月24日 大耳小耳  コラム子の知る限り、「メロンパン」は台湾系パン屋としては聖市4件目。残り3件は全てリベルダーデ区にある。まずは雑誌等によく登場する「イチリキ」(Rua dos Estudantes, 24)、次に知る人ぞ知る「好味一」(Doceria Hawei, Rua da […]
  • 大耳小耳2010年1月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年1月12日付け  文協で開催されている巡回写真展。スライド上映されていた大原春雄さんの写真は文化機関「インスティテュート・モライラ・サーレス」の所蔵品。同機関は1992年に設立、60万枚の写真を中心に美術品や文学などの保存事業を行っている。大原さん […]
  • 大耳小耳2013年9月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年9月14日  東京農業大学が募集している「給費留学生」の条件には、就学年数12年以上とある。ブラジルは高校卒業時点で就学年数が11年のため、年数が足りない場合は1年間英語の語学学校に通うなどして年数を合わせればOK。日本にも苦学生がいることを思えば、旅費 […]