ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年2月28日付け

 アマゾン入植八十周年への参加を快く承認してくれそうな宮沢和史さん。昨年の百周年では、日本移民をテーマにした新曲『足跡のない道』を引っさげて来伯し、サンパウロ市やリオ、クリチーバなど四都市で公演して話題になった。さらに、年末の紅白歌合戦の移民百周年コーナーでは、その新曲も披露され、日本のお茶の間に百周年を知らしめた功労者といえよう。今度はぜひ、アマゾンにちなんだ曲を作ってもらい、日本で八十周年を広めてもらえば、これにまさる助太刀はない!?
     ◎ 
 グァタパラ新聞によれば、グァタパラ移住地の教会のミサを九六年から担当していたマシエル神父が在日ブラジル人の教会に赴任するため、六年の滞在予定で二月に訪日した。一月三十一日には歓送会が盛大に開かれ、参加者がマシエル神父の活躍を祈った。日本では最初の二年間日本語の勉強もするという。しっかりした日本語を身に付け、コロニアに戻ってきて欲しいもの。
     ◎
 北京オリンピックの柔道最重量級の金メダリストで「金メダルは川に捨てる」など、様々な発言でマスコミの寵児となった石井慧選手。米格闘界を目指すとして来月四日からベレンで武者修行を行う。「ピラニアでも勝てるように頑張ってきたい」と意気込んでいる。格闘界で活躍するLYOTOの父町田嘉三さんの道場にも通うとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 大耳小耳2009年6月2日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年6月2日付け […]
  • 大耳小耳2007年9月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年9月22日付け […]
  • 大耳小耳2008年5月15日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年5月15日付け […]