ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月22日

 デザイナー・山本フェルナンダさんの祖父は、衣類や化粧品等のカタログ販売「ヒロシマ」の創始者。初めは聖市セントロのショッピング街25・デ・マルソの商品の小売業者としてスタートしたが、カタログ導入、オリジナル商品の製作と年々規模を拡大し、今では25万の小売業者を抱える大企業に。そんな祖父の血を受け継いだ山本さんも、経営の才能を大いに発揮中。
     ◎
 山村敏明氏らが提案した融合シャッパへの体制派の回答について、本紙ポ語版「JORNAL NIPPAk」記者が18日に木多喜八郎会長に取材したところ、「花田氏だけは入れ、3人は新たな候補者を要請する」と伝えていた。21日午後3時、本紙の電話取材に対して桂川富夫副会長は「それで間違いない」と答えた。ただ、1時間後に届いたメールを読むと話は違っていた。山村敏明氏は、「4人とも拒絶されたということ。話し合う気もない」と断言した後で、「最後の最後まで融合を、という気持ちだったが…」と無念そうに付け加えた。
     ◎
 長編ドキュメンタリー映画『ライトアップ・ニッポン』の上映会が23、24の両日午後2時半から、ラザール・セガル美術館内の映画館(Rua Berta, 111, Vila Mariana)で開催される。国際交流基金主催。東日本大震災から5カ月後、被災地や日本を元気付けようと、東北の太平洋沿岸10カ所で一斉に花火を打上げたプロジェクトに密着したもの。興味のある方は足を運んでみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年2月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月23日 […]
  • 大耳小耳2013年3月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月12日 […]
  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]
  • 大耳小耳2014年7月5日 大耳小耳  日本都市計画学会で国際交流賞を受賞した中村矗さんはその後、出身地の兵庫県を訪れ、井戸敏三県知事に報告した。今年3月に刊行された服部圭郎氏著『ブラジルの環境都市を創った日本人―中村ひとし物語』を贈呈したところ、井戸知事からも刊行された自身の随筆集を贈られたそう。お互いにサイ […]
  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]