ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ノロエステ連合日伯文化協会とガブリエル・モンテイロ日伯文化協会の共催により「第46回ノロエステ農業者の集い」が9月16日、ガブリエル・モンテイロ市内で開催される。当日は、午前8時に同市内サンペドロ広場の教区サロンに集合。市内の日系農家を訪れ、ピラルクー養殖やトマトの有機栽培などについて見聞を深め、午後3時頃に終了する。安永信一連合会長は「カブリエル・モンテイロには、デカセギから帰ってきた若い人が定着している。ぜひ積極的に参加し、交流を深めて欲しい」と呼びかけている。参加申込みは、9月9日までに同会のタカハシ・マサヒロ・セウソ会長(18・99703・3912/メール=bunkyogabrielmonteiro@hotmail.com)まで連絡すること。

     ◎

 本紙2面で連日報道されているように、ベネズエラ難民がロライマ州から他州へ移送されており、7月以来リベルダーデ区の下町グリセーリョ地区にも数十人が住み始めているとフォーリャ紙7月24日付電子版が報じている。受け入れ先は「Casa do Imigrante, anexa à Paróquia Nossa Senhora da Paz, no Glicério」。ハイチ難民が流入してきたときも、同じ教会が難民支援で受け入れていた。南米大陸の反対側、マドゥーロ独裁政権による悪政のとばっちりが意外に身近なところにも飛んできた感じだ。リベルダーデ文化福祉協会の池崎博文会長が言うように「他民族と一緒にこの地区を良く」するのであれば、難民に日本食レストランなどで働いてもらうのも手かも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一斉に読経する僧侶ら2015年6月19日 先亡者に思い馳せ107周年=教会や慰霊碑前で式典=「50年前から毎年ミサに」  笠戸丸の着伯から107年が経過した18日、例年通り「日本移民の日」を記念した各種慰霊式典が開催された。聖市では午前中、ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。午後からは文協の大講堂で仏式法 […]
  • 『パウリスタ賞』を贈る=矢野さん(野球)ら10人に2003年3月25日 『パウリスタ賞』を贈る=矢野さん(野球)ら10人に 3月25日(火) […]
  • ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換2006年7月22日 ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換 ニッケイ新聞 2006年7月22日付け  第二十一回汎米日本語教師合同研修会が十八日から二十六日までの九日間、ブラジル日本語センター(谷広海理事長)で行われている。カナダ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ、ボリビアの七カ国から十四人、ブラジル国 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]