ホーム | コラム | 樹海 | 手にしたい気持ちはわかるけど

手にしたい気持ちはわかるけど

 ペルシャの文学作品や「不思議の国のアリス」の挿絵などで知っていたが、ブラジルで初めて実物を見たものの一つに水煙草(水煙管、水パイプ)がある。大きさは様々で、種々の香りをつけて固めた煙草の葉の上に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸う仕組みになっている▼大きな物には管が何本か付いており、大学教授が車座になり、学生と一緒に煙をくゆらせる写真を見た事もある。知り合いの青年は自分の子供の誕生祝いの時も子供の脇で友人達と吸っていたし、息子が友人と一緒に庭先で水煙草を吸うのも見てきた。市販品が高いと水煙草を手作りする青年もいたから、香りの良さや談話の楽しさもわかる。煙が水中を通り、有害物質の一部が溶けるから、健康被害は小さいんだとも思っていた▼だが、あにはからんや。29日付現地紙が、水煙草を20~80分間吸うと普通の煙草100本分の有害物質に晒されるという世界保健機構(WHO)の説を掲載したのだ。ブラジリア大学の学者によると、水煙草で減るニコチンの量は5%程度らしい。煙草を直接吸うより、煙草から立ち上る副流煙を吸う方が健康被害は大きい事も考えれば、水煙草を吸う人が身近にいる人にも驚愕の事実だろう▼香り付煙草は年少者でも吸い易く、喫煙の低年齢化につながるからと香り付の煙草製造を禁じ、煙草の包装にも健康被害を警告する写真を載せているブラジル。だが、今年の統計ではブラジルの喫煙者は10%に増えた。心臓の緊急手術を受けた知人は、いくらダメと言われても禁煙出来ないが、息子の友人が1人「喫煙停止60日」とFBに書いていた。記事を肴にもう1度話をしてみたくなった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]
  • 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗2020年7月21日 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗 「虐げられた人々」が集まるブラジルの不思議  世界中からアメリカに移住したい人は多いだろうが、その逆は少ない。歴史的に見ると、ブラジルは数少ないそんな国の一つだ。「どうして世界で最も豊かな米国から、危なくて貧乏そうなブラジルへ?」と不思議がる人もいるだろうが、そこには歴史的理 […]
  • ボウソナロの新党、いつできる?2020年7月17日 ボウソナロの新党、いつできる? 「ところでボウソナロの新党はいつできるの?」。熱狂的な人気と同じかそれ以上に強いボウソナロ大統領のアンチたちの間では、いろんなからかいネタがあるものだが、この「新党がいつまでたっても出来ない」のも、そのひとつだ。  昨年11月、ボウソナロ大統領が社会自由党(PSL)離 […]
  • 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]