ホーム | コラム | 樹海 | 手にしたい気持ちはわかるけど

手にしたい気持ちはわかるけど

 ペルシャの文学作品や「不思議の国のアリス」の挿絵などで知っていたが、ブラジルで初めて実物を見たものの一つに水煙草(水煙管、水パイプ)がある。大きさは様々で、種々の香りをつけて固めた煙草の葉の上に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸う仕組みになっている▼大きな物には管が何本か付いており、大学教授が車座になり、学生と一緒に煙をくゆらせる写真を見た事もある。知り合いの青年は自分の子供の誕生祝いの時も子供の脇で友人達と吸っていたし、息子が友人と一緒に庭先で水煙草を吸うのも見てきた。市販品が高いと水煙草を手作りする青年もいたから、香りの良さや談話の楽しさもわかる。煙が水中を通り、有害物質の一部が溶けるから、健康被害は小さいんだとも思っていた▼だが、あにはからんや。29日付現地紙が、水煙草を20~80分間吸うと普通の煙草100本分の有害物質に晒されるという世界保健機構(WHO)の説を掲載したのだ。ブラジリア大学の学者によると、水煙草で減るニコチンの量は5%程度らしい。煙草を直接吸うより、煙草から立ち上る副流煙を吸う方が健康被害は大きい事も考えれば、水煙草を吸う人が身近にいる人にも驚愕の事実だろう▼香り付煙草は年少者でも吸い易く、喫煙の低年齢化につながるからと香り付の煙草製造を禁じ、煙草の包装にも健康被害を警告する写真を載せているブラジル。だが、今年の統計ではブラジルの喫煙者は10%に増えた。心臓の緊急手術を受けた知人は、いくらダメと言われても禁煙出来ないが、息子の友人が1人「喫煙停止60日」とFBに書いていた。記事を肴にもう1度話をしてみたくなった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月2日 東西南北  先週、リオでの16歳少女に対する集団強姦が報じられて以降、ブラジルでは対女性への暴力が国民の話題を独占している。そんな矢先、サンパウロ市で11人を強姦したと見られる男性が5月29日に逮捕された。この男性はサンパウロ市南部在住の機械工セルジオ・オリヴェイラ・ダ・シウヴァ容疑者( […]
  • 車両牽引の規制強化=27日から新規定適用へ2007年1月27日 車両牽引の規制強化=27日から新規定適用へ 2007年1月27日付け  国家交通審議会(法務省、CONTRAN)が昨年七月三十一日に報告した新交通法規に基づき、車両連結器に対する規定条項が二十七日から変更される。 […]
  • サンパウロ市議会=バスにペットの持ち込み許可=街路樹の伐採簡略化=緑化節水対策建築に減税も2015年2月13日 サンパウロ市議会=バスにペットの持ち込み許可=街路樹の伐採簡略化=緑化節水対策建築に減税も  サンパウロ市議会は11日午後、市内を走るバスに犬や猫などのペットの持込みを許可する法案を可決した。 ダヴィ・ソアレス市議(社会民主党・PSD)が提出した法案は重量10キロ以下の小動物が対象で、フェルナンド・ハダジ市長(労働者党・PT)の裁可待ちとなる。 同市長はペットをバ […]
  • 東西南北2019年2月20日 東西南北  グスターヴォ・ベビアーノ氏更迭で揺れるブラジル政界と、ボルソナロ大統領の社会自由党(PSL)。べビアーノ氏同様に、同党ミナス・ジェライス州支部長のマルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相にも幽霊候補擁立疑惑が向けられている。同党から同州議選に出馬した際に政党基金から出た選挙助成 […]
  • 休暇中の国道事故死者減少=酒類禁売、道交法の効果か2008年2月9日 休暇中の国道事故死者減少=酒類禁売、道交法の効果か ニッケイ新聞 2008年2月9日付け  一日〇時から六日二十四時までの国道での事故や死者などの集計が発表され、八日付け伯字紙が報じた。 […]