ホーム | コラム | 樹海 | 手にしたい気持ちはわかるけど

手にしたい気持ちはわかるけど

 ペルシャの文学作品や「不思議の国のアリス」の挿絵などで知っていたが、ブラジルで初めて実物を見たものの一つに水煙草(水煙管、水パイプ)がある。大きさは様々で、種々の香りをつけて固めた煙草の葉の上に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸う仕組みになっている▼大きな物には管が何本か付いており、大学教授が車座になり、学生と一緒に煙をくゆらせる写真を見た事もある。知り合いの青年は自分の子供の誕生祝いの時も子供の脇で友人達と吸っていたし、息子が友人と一緒に庭先で水煙草を吸うのも見てきた。市販品が高いと水煙草を手作りする青年もいたから、香りの良さや談話の楽しさもわかる。煙が水中を通り、有害物質の一部が溶けるから、健康被害は小さいんだとも思っていた▼だが、あにはからんや。29日付現地紙が、水煙草を20~80分間吸うと普通の煙草100本分の有害物質に晒されるという世界保健機構(WHO)の説を掲載したのだ。ブラジリア大学の学者によると、水煙草で減るニコチンの量は5%程度らしい。煙草を直接吸うより、煙草から立ち上る副流煙を吸う方が健康被害は大きい事も考えれば、水煙草を吸う人が身近にいる人にも驚愕の事実だろう▼香り付煙草は年少者でも吸い易く、喫煙の低年齢化につながるからと香り付の煙草製造を禁じ、煙草の包装にも健康被害を警告する写真を載せているブラジル。だが、今年の統計ではブラジルの喫煙者は10%に増えた。心臓の緊急手術を受けた知人は、いくらダメと言われても禁煙出来ないが、息子の友人が1人「喫煙停止60日」とFBに書いていた。記事を肴にもう1度話をしてみたくなった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?2018年11月2日 結局は「お花畑」が招いた極右政権なのか?  10月28日にジャイール・ボウソナロ氏が伯国大統領に当選したことに関し、国外と伯国内での温度差のあまりの違いを感じざるを得ない状況となっている▼欧米のメディアは同氏が行って来た女性やLGBT、黒人への差別や銃自由化、政敵への過剰な攻撃ぶりを報道し「民主主義の危機」を報 […]
  • 多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき2018年11月1日 多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき  26日夜、退社前に主なネット記事に目を走らせていて、ある記事のタイトルに驚愕。何が起きたのかと調べ始めたら、帰れなくなった▼その記事は大学への司法介入に関するもので、10月30日付弊社サイトで一部を報じた。気になる事件は続き、サンタカタリーナ州ではジャイール・ボウロナ […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム2018年10月26日 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム  「汚職は国を滅ぼさないが、正義は時に国を滅ぼす」という、日本では比較的有名な言葉がある。その言葉の主は「昭和の名コラムニスト」と呼ばれた山本夏彦氏(1915~2002年)だ▼この言葉は、正確には同氏が1980年に書いた「汚職で国は滅びなない」と83年の「正義は時に国を […]