ホーム | コラム | 樹海 | 手にしたい気持ちはわかるけど

手にしたい気持ちはわかるけど

 ペルシャの文学作品や「不思議の国のアリス」の挿絵などで知っていたが、ブラジルで初めて実物を見たものの一つに水煙草(水煙管、水パイプ)がある。大きさは様々で、種々の香りをつけて固めた煙草の葉の上に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶の中の水を通して吸う仕組みになっている▼大きな物には管が何本か付いており、大学教授が車座になり、学生と一緒に煙をくゆらせる写真を見た事もある。知り合いの青年は自分の子供の誕生祝いの時も子供の脇で友人達と吸っていたし、息子が友人と一緒に庭先で水煙草を吸うのも見てきた。市販品が高いと水煙草を手作りする青年もいたから、香りの良さや談話の楽しさもわかる。煙が水中を通り、有害物質の一部が溶けるから、健康被害は小さいんだとも思っていた▼だが、あにはからんや。29日付現地紙が、水煙草を20~80分間吸うと普通の煙草100本分の有害物質に晒されるという世界保健機構(WHO)の説を掲載したのだ。ブラジリア大学の学者によると、水煙草で減るニコチンの量は5%程度らしい。煙草を直接吸うより、煙草から立ち上る副流煙を吸う方が健康被害は大きい事も考えれば、水煙草を吸う人が身近にいる人にも驚愕の事実だろう▼香り付煙草は年少者でも吸い易く、喫煙の低年齢化につながるからと香り付の煙草製造を禁じ、煙草の包装にも健康被害を警告する写真を載せているブラジル。だが、今年の統計ではブラジルの喫煙者は10%に増えた。心臓の緊急手術を受けた知人は、いくらダメと言われても禁煙出来ないが、息子の友人が1人「喫煙停止60日」とFBに書いていた。記事を肴にもう1度話をしてみたくなった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?2019年6月13日 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?  アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだという […]
  • 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長2019年6月11日 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長  4月に県連故郷巡り一行はカリフォルニア州のコルマ日本人墓地で、咸臨丸の水夫3人の墓を見学した。その際、連載記事で《咸臨丸は1860年2月10日にサンフランシスコに到着した。38日間で8573キロを渡る大航海であり、日本人最初の太平洋横断だった》と書いたが、大変な間違い […]