ホーム | 日系社会ニュース | 岩手地酒「南部美人」=来年から伯国向け特別生産=南米で販路拡大目指す

岩手地酒「南部美人」=来年から伯国向け特別生産=南米で販路拡大目指す

蔵元の久慈さん

蔵元の久慈さん

 岩手の地酒・南部美人は2004年に一升瓶30本の輸出で始まったが、今や世界21カ国に年間数千本を卸している。今月26日に開催された岩手県人会創立60周年記念式典に出席した五代目蔵元・久慈浩介さんに、南米での販路拡大計画や、ブラジル向けに受注した日本酒造りなど、普及にかけた挑戦的な姿勢を取材した。
 現在、ブラジルで南部美人を取り扱っているのは聖市の飲食店を中心に50店以上。東日本震災後に出荷量がかなり落ちたが、近年は回復して右肩上がりに伸びている。
 南米ではブラジルのほか、ペルーでの販売シェア拡大を進めている。久慈さんは「ブラジルとペルーは日系社会を足がかりに日本酒が浸透し、現在は非日系人にも親しまれるようになった」話す。
 また、今後はアルゼンチン、チリ、ウルグアイでも販売を開始する計画だ。「ウルグアイは日系人が少なく肉を多く消費する国のためか、日本酒が一切輸入・販売されていない。将来的なシェア確保のための先行投資と位置づけ、まず1歩を踏み出したい」と意気込む。
 滞伯中、聖市モエマ区にある日本酒専門店「アデガ・デ・サケ」の飯田龍也アレシャンドレさん

南部美人の中でも最高峰、芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴の純米大吟醸

南部美人の中でも最高峰、芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴の純米大吟醸

と話すうち、ブラジル人向けの「南部美人」を受注生産することが決まった。飯田さんの要望を受け、ブラジル人の好みにあった日本酒2種類を醸造する。
 久慈さんは「日本でも受注生産は珍しい。酒づくりの工程を動画で配信するなどし、届くまでの間も楽しんでもらえるようにしたい」と話した。来年3月中に「アデガ・デ・サケ」の店頭に並ぶ予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ