ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=(40)=谷口 範之

自分史=私のシベリア抑留記=(40)=谷口 範之

 下士官連中は、丸太壁の周囲三方の上方に板を棚状に造作して寝床にしていた。一般兵は床板にごろ寝であった。比嘉伍長は
「あの谷口だよ」
 と、簡単に紹介しただけでその日から私は彼らの仲間になった。だれ一人いやな顔をしないで、寝床を空けてくれた。私は雑のうと毛布一枚を持って、壁の上側の住人となった。 
 病院閉鎖でラーゲリに戻った回復期の患者は、まだ自由な立居振舞はできない。病院に収容されるほどの症状でなく、そのまま宿舎に残された連中は、此の頃ではかなり健康体を取り戻したものもいて、一部は小さなサウーナ小舎を作る作業に出るものもあった。衰弱し病で倒れたまま放置されたにも拘わらず、次第に健康を取り戻してゆくものが、僅かながら現れるのを目撃すると、人間の生命力の強い性は、その人の持って生れたものだろうかと考えさせられるのであった。
 ソ連側は当初のように、強制労働に追い立てることが出来ないようであった。捕虜たちはすることもなく、平穏な日々が過ぎていた。しかし、何時日本に帰れるのか見当もつかなかった。毎日朝夕、飯盒に三分目か四分目の薄粥だけでは、体力の回復はおろか維持すら困難である。
 下士官たちの仲間入りした日のことである。病院が閉鎖されて数日した頃のことで黒パンの配給日だという。昨年マッチ箱大の黒パンが、週に一回支給されたことがあった。あの黒パンは最下級のもので、中は粘い真っ黒な代物で、酸っぱくて普通ならとても食えるものではなかった。病院勤務につく前、黒パンの配給があり、その時は質がよくなっていた。パンの中は薄い黒色で、普通の柔らかさであり、酸味はあるかなしだったから質は向上していた。配給量は増えていて、煙草の箱二つ分位だった。
 そんなことを考えていると、当番が黒パンを受領して帰ってきた。部屋の隅のテーブルの上に、一㎏パン六個を置いた。一人当たり二〇〇gだと言う。一個のパンが五人分である。有田伍長が素早く寝床から飛び降りた。彼は懐からナイフを取り出すと、丸型パンを一個掴む。彼の左側と後側に、班員二五名が詰めかけて彼の手元を見つめている。
「こう円いと五つには切りにくいよなあ」
 と、言いながら、ザクザクと慣れた手つきで八つに切り分ける。
 二つ目を切って並べる頃には、みんなの目はその方に注がれて、少しでも大きいパンにありつこうと、目の色が変わってきた。三つ目にナイフを入れかけた有田は、
「ああ、暑くなった」
 と、言うと上衣を脱いで台の隅に投げた。
 そして三つ目をきり終るとすぐに、
「台が狭い。服を受け取ってくれ」
 と、上衣を投げてきた。私の腹の上に軽いはずの上衣がドスンと落ちた。なんと一㎏パンが一個上衣に包まれているではないか。
 有田はすかさず四つ目、五つ目を切り分けると、三〇片並べた。そしてのこりの十片を適当にきっては、それぞれの上に載せてゆく。みんなの目はギラギラ光って、少しでも大きいのを掴もうと見つめている。
「俺たちのも残しておけよ」
 有田はそう言うと、さっと身を退いた。我先にと手を伸ばしパンを掴む班員は、誰一人として、有田が上衣に包んで投げあげたパンに気付いていない。食べ終えると班員は次々に室外へ去った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)2018年10月24日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)  福岡県の炭鉱で働いていたことなど問わず語りに分かり、だが何故降格されたのか、佐世保で別れるまで打ち明けなかった。  復員後二年近く文通し、以前の炭鉱で働いていると小まめに身辺を知らせてくれていたが、いつしか文通は絶えた。私にとって彼は実に不思議な人物で、いまだに忘れ得ない。 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(60)2018年10月11日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(60)  そのおっとりした感じが、今も残っている。 「甲種か乙種か」   と、訊ねると 「甲種だった。海拉尓の経理学校へ入学することになった。谷口はどちらだ」  現金なもので、同年で同年兵だと分かると、先輩後輩の気持が減少したらしく、私を呼ぶのにさん付けを取って、谷口と呼び捨て […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(53)2018年10月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(53)  そんな彼はいかにも手に負えない兵隊に思えたが、こうして身近に接していると、意外にも好人物であることが分かってきた。一見ぎょろ目で髭は濃く、取り付きにくい感じなのだが、たまに冗談を飛ばしたりして、いつとはなしに仲良く行動を共にしていた。  保坂さんは志願兵仕上がりの伍長で、モ […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(47)2018年9月21日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(47)  駅舎の屋根の上にロシア文字が六個並んでいる。通りがかりの人にその文字を指差すと 「ハバロフスク」  と、教えてくれた。  広い入口から待合室に入ってみる。薄暗い内部は旅人らしい人々で混雑している。その人達に混ざって、小柄でやせ細っている私が動き回っても誰一人咎めようとし […]