ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

     ◎

 日伯協会(三野哲治理事長、在兵庫県)の会報『ブラジル』980号が7月に刊行された。移住110周年の特集号で、全16頁中半分以上がその関係で埋まっている。日本側の110周年式典が4月28日に神戸市で盛大に行なわれた件の報告も。その時のノンフィクション作家・山根一眞氏講演も大盛況だったとか。移民220周年を迎える2128年までの予想される出来事を説明した。《22年後の204年には人口爆発による食糧難がおきる大混迷時代に突入》《37年後の2055年には月でオリンピック開催》《50年後の2068年には地球温暖化で生命の危機となり、火星旅行が真剣な話題に》《110年後の2128年には脱地球で火星移住の話が出る》との大胆な予測が。その中でブラジル移住した移民の叡智から多くを学ぶ時代になるとか。皆さん、ありえると思います?

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月18日 大耳小耳  新型コロナウイルスが感染拡大した事を受け、記者は通勤でマスクを使い始めた。ところがメトロの中で座席に座った瞬間、隣りに座っていた若いブラジル人女性が急に席を立ち、これみよがしに少し離れた別の席に移った。マスク使用に慣れないブラジル人にとっては、「マスク使用者」=「コロナウイル […]
  • 大耳小耳2020年3月13日 大耳小耳  『らぷらた報知』3月5日号によれば、アルゼンチン日系団体連合会(FANA)は、東京オリンピックを祝うアートパレードを、5月3日(日)にブエノスアイレス市の5月大通りのベルナルドデイリゴイエンとボリバルの間で開催するという。芸術的なパレードに加え、日本太鼓、和食スタンドや音頭に […]
  • 大耳小耳2020年3月12日 大耳小耳  「新型肺炎の日本経済への負の影響は、08年のリーマンショック級」と言われるほどになってきた。11日付本紙6面掲載の共同通信の記事『新型コロナ拡大で退職通知』では、中国人技能実習生が新型コロナウイルス感染症の拡大を理由に退職を通知された事案を取り上げ「立場の弱い労働者への不利益 […]
  • 大耳小耳2020年3月11日 大耳小耳  「アルゼンチンのカントリーリスクが9日(月)、約2800ポイントに達し、2005年以来の最悪レベルになった」と同国邦字紙『らぷらた報知』8980号が報じている。これはJPモルガン銀行が発表したインデックスで、6日(金)の終値から15・5%も上昇した。ただし、最悪だった2005 […]