ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 9月に発行されたブラジル日系熟年クラブ『ブラジル老荘の友』536号を見ていたら、短歌選者が梅崎嘉明さんに戻っていた。《歌壇の更なる活性化を願って若い藤田朝壽君、次に新井知里さんにバトンタッチしたのですが、何のはずみか二人とも次々に他界されてしまいました》とのこと。「投稿者がいて選者がいないなんて!」と義憤を感じた末、梅崎さんが復帰したとある。これも何かの縁、「あと1、2年ぐらい」といわず、まだまだ頑張ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ