ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』9月号5頁にある「だまされない音頭」が傑作! 電話によるオレオレ詐欺を防止するために、日本で作られた炭坑節の替え歌だ。1番「電話がなるなる 誰かいな ヨイヨイ 孫の名前を言うけれど 事故を起こして困っている ばあちゃん助けてくれんか~いや サノヨイヨイ」と3番まである。面白いのは追加部分の【ブラジル版=熟連作詞】。「アケーレコケーレ言うけれど ヨイヨイ わたしゃポルトゲース ノンサービ それでも しつこく言ったなら 大きな声でハイさようなら サノヨイヨイ」。詐欺電話がかかってきたら、ぜひ皆さんも実践してみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第133話2021年3月20日 中島宏著『クリスト・レイ』第133話  心配するとすれば、そちらの方がまず、優先されるべきだろうね。真剣に語り合えば、誤解とか曲解というものは、自然に消えていくと僕は信じるし、僕たちもそのぐらいの水準には到達したいと思ってるよ」  マルコスとアヤとの対話は、かなり微妙で重要な局面に入りつつある。  変なガイジン […]
  • 日伯間の投資拡大めざし=両大臣が合意書に署名2013年5月8日 日伯間の投資拡大めざし=両大臣が合意書に署名 ニッケイ新聞 2013年5月8日  開発商工省のプレスリリースによれば2日、茂木敏充経産相がブラジリアを訪れてフェルナンド・ピメンテル開発商工相と会合をもち、両大臣が日伯間の投資と産業協力の拡大に向けた合意書に署名した。 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第45話2020年9月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第45話 「ハハハ、、、それではまるで私がスパイか何かのようね。いいえ、残念ながらそのような者ではありません。隠れキリシタンについて詳しいのは、別に私だけでなく、私が生まれ育った今村では誰もが知っていることで、まあ、常識の範囲といってもいいでしょうね。  そういう物語は、小さな時からい […]
  • 日伯全国紙が特集企画=大統領5月訪日に合わせ2005年3月1日 日伯全国紙が特集企画=大統領5月訪日に合わせ 3月1日(火)  五月に予定されるルーラ大統領訪日にあわせ、有力全国紙エスタード紙とその姉妹紙のタルデ紙、ブラジル外務省広報誌、日本経済新聞が記念特集号を企画している。 […]
  • 外務省元留学生、21年史を刊行=原田氏「次世代に繋がる記録に」2017年12月23日 外務省元留学生、21年史を刊行=原田氏「次世代に繋がる記録に」  これまで日系社会で活躍する数々の指導者を輩出してきた外務省研修制度―。その元研修生からなるラテンアメリカ帰国外務省留学生会は、『ラテンアメリカ帰国外務省留学生の21年史』の発刊式を、14日、文協ビル9階の移民史料館で開催した。  1965年から開始された同制度は、0 […]