ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も

県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も

力強く発表する佐藤さん

力強く発表する佐藤さん

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「9月度代表者会議」を先月27日に県連会議室で行った。来年度の第22回日本祭りのテーマ案や、相次ぐ日本の自然災害を援助するため、県連災害基金の創設について話し合いが行なわれた。
 会議では23日に行われた「第12回弁論大会」の優勝者、佐藤つよし・リンコンさん(四世)が発表。曽祖父から代々受け継いだ日本語を後世にも伝え、祖先への恩返しにすることを力強く語った。
 また、来年の日本祭りのテーマ案は「情報ネットと文化交流」。予想収入額は425万4千レ、支出額は422万2千レとなった。
 県連災害基金設立案は山田会長から発表され、「毎年日本国内各所で起こる災害に対し、県連でも支援ができたら」と理由を語った。
 同基金は各県人会長が毎月20レ(毎年240レ)を入金し、年間基金総額が1万1280レになるというもの。被災した県の県人会が正式に募金活動を行なったときのみ、県連役員会での承認、また代表者会議での出席者の半数+1人の賛成により、基金残高の最大70%を限度に支給する。
 満場一致で設立が承認されたが、入金額や運用方法については、今後検討される。
 8月度会計報告は収入164万7267・85レ、支出は139万6337・20レ。9月度は収入214万601・54レ、支出が221万6982・86レとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会2018年10月20日 コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が主催する「古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会」が14日、聖市の宮城県人会館で行われ100人余りが集まり、何十年ぶりに再会した友らと語り合った。  最初に先亡者に黙祷を捧げ、前田会長が「今日一日、旧交を温めましょう」と挨拶、来賓の楠彰首席 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 県連定期総会=山田会長続投、新役員決定=ギネス記録の積極参加呼びかけ2018年4月26日 県連定期総会=山田会長続投、新役員決定=ギネス記録の積極参加呼びかけ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「3月度代表者会議」並びに「第52回定期総会」が先月29日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。定期総会では、山田康夫氏を会長とする単一シャッパが承認され、2期目の続投が決定した。  定期総会の役員改選で、続投が決定し […]
  • ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す2018年6月2日 ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する『第21回日本祭り』の目玉企画の一つ、ギネス記録の企画を進めるギネスチームが先月21日に記者会見を行い、参加する県人会や団体に感謝を述べた。  ギネス挑戦は7月21日に日本祭り会場2階で行われ、午前7時から正午 […]