ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も

県連代表者会議=来年の日本祭りテーマを打ち出し=県連災害基金創設案も

力強く発表する佐藤さん

力強く発表する佐藤さん

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「9月度代表者会議」を先月27日に県連会議室で行った。来年度の第22回日本祭りのテーマ案や、相次ぐ日本の自然災害を援助するため、県連災害基金の創設について話し合いが行なわれた。
 会議では23日に行われた「第12回弁論大会」の優勝者、佐藤つよし・リンコンさん(四世)が発表。曽祖父から代々受け継いだ日本語を後世にも伝え、祖先への恩返しにすることを力強く語った。
 また、来年の日本祭りのテーマ案は「情報ネットと文化交流」。予想収入額は425万4千レ、支出額は422万2千レとなった。
 県連災害基金設立案は山田会長から発表され、「毎年日本国内各所で起こる災害に対し、県連でも支援ができたら」と理由を語った。
 同基金は各県人会長が毎月20レ(毎年240レ)を入金し、年間基金総額が1万1280レになるというもの。被災した県の県人会が正式に募金活動を行なったときのみ、県連役員会での承認、また代表者会議での出席者の半数+1人の賛成により、基金残高の最大70%を限度に支給する。
 満場一致で設立が承認されたが、入金額や運用方法については、今後検討される。
 8月度会計報告は収入164万7267・85レ、支出は139万6337・20レ。9月度は収入214万601・54レ、支出が221万6982・86レとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岡山県人会=母県に義援金約40万円贈る=「皆さんの協力のおかげ」2018年9月15日 岡山県人会=母県に義援金約40万円贈る=「皆さんの協力のおかげ」  西日本豪雨で甚大な被害を受けた母県の復興支援のために義援金募金活動を行ってきた岡山県人会(角南美佐子会長)は、15日の締切りを前に角南会長、岡美恵子婦人会長が来社し、募金の協力に謝意を述べた。  岡山県は県内死者数が61人にのぼり、広島県に次ぐ深刻な被害を受けた。同 […]
  • 県連日本祭り=ギネス世界記録へ挑戦!=眞子さま「おいしそうですね」=日本食が一番集まるイベントに2018年7月31日 県連日本祭り=ギネス世界記録へ挑戦!=眞子さま「おいしそうですね」=日本食が一番集まるイベントに  県連日本祭りでは21日、会場2階でギネス世界記録への挑戦が行われていた。「日本料理が一番集まるイベント」での世界記録獲得を目指し、午前7時から審査用の料理約590食が運び込まれ、会場に設置された台に材料の確認を終えた料理が並べられた。今回のギネス記録では500食の登録 […]
  • 日本祭り=喜多方ラーメン3千食完売=新しい商品販売も検討中2018年8月9日 日本祭り=喜多方ラーメン3千食完売=新しい商品販売も検討中  県連日本祭りの郷土食ブースで喜多方ラーメンを販売した福島県人会(永山八郎会長)。同県人会の曽我部威事務局長と、来伯した五十嵐製麺の武藤啓一さんが先月31日に来社し、日本祭りの結果を報告。また、新たに販売を計画している新しい袋ラーメンと日本酒を紹介した。  日本祭りで […]
  • 県連日本祭り=今年も郷土食が大人気=家族で美味しい、嬉しい2018年7月25日 県連日本祭り=今年も郷土食が大人気=家族で美味しい、嬉しい  県連が20~22日の3日間、聖市EXPOセンターで『第21回日本祭り』を開催した。ブラジル日本移民110周年記念式典やギネス記録獲得への挑戦が行なわれた今年、予想を上回る約21万人が来場し、芸能や食など日本文化を楽しんだ。特に毎年多くの人が詰めかける郷土食コーナーには […]
  • 広島県人会が募金を開始=日本祭りで義援金キャンペーン2018年7月26日 広島県人会が募金を開始=日本祭りで義援金キャンペーン  県連主催の日本祭りが20~22日の3日間行われたが、広島県人会(平崎靖之会長)はそこで「広島風お好み焼き」を提供すると同時に、「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」の義援金を集め始めた。ブース前に募金箱を設置し、専用口座を説明するバナーを飾った。  日本祭り3日目に来 […]