ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国外からの直接投資が2割減少=「本社説得難しい」とブラジル・ベンツ

《ブラジル》国外からの直接投資が2割減少=「本社説得難しい」とブラジル・ベンツ

メルセデス・ベンツ社も2023年以降の投資は不透明だ。(参考画像・Roberto Parizotti)

メルセデス・ベンツ社も2023年以降の投資は不透明だ。(参考画像・Roberto Parizotti)

 国連貿易開発会議(Unctad・本部ジュネーヴ)は15日に今年上半期の世界中の国外直接投資(FDI)の結果を発表。ブラジルは、投資先として、昨年上半期の6位から9位に転落したと15、16日付現地紙、サイトが報じた。
 「直接投資」は、企業が、経営権取得のための株式購入や工場建設などにより、外国で直接事業を行うことを目的とした投資で、配当や、金利、転売益を目的とした「間接投資」と区別される。昨年上半期にブラジルに投じられた直接投資資金は326億ドルだったが、今年は22%減の255億ドルだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ