ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大手食肉企業の品質不正疑惑=著名企業家のアビリオ・ジニス氏も告発

《ブラジル》大手食肉企業の品質不正疑惑=著名企業家のアビリオ・ジニス氏も告発

アビリオ・ジニス氏(Peninsulapart)

アビリオ・ジニス氏(Peninsulapart)

 パラナ州連警は15日、著名企業家のアビリオ・ジニス氏他42人、計43人をカルネ・フラッカ作戦関連捜査のトラパッサ作戦により、詐欺、犯罪組織形成、公私文書偽造罪、反公共保健罪で告発したと、15、16日付現地各紙・サイトが報じた。
 ブラジル食肉大手企業のJBSやブラジルフーズ(BRF)などが、食肉の品質検査において不正を働き、国内消費者だけでなく、輸出先の各国にも損害を与えた事件を暴く目的のカルネ・フラッカ作戦は、昨年3月に発動した。その第三次作戦がトラパッサ作戦と呼称されている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ