ホーム | コラム | 樹海 | まるで「ロッキードの後の2・26」

まるで「ロッキードの後の2・26」

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)

 大統領選はどうやらジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、伯国や南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれているかのような状態にあり、それをボウソナロ氏が救世主のように救うかのように描かれていたからだ▼だが、冷静に思い返せば、労働者党(PT)政権の13年もの間、その大半の時期において好景気で、国民による政権支持率もきわめて高い状態にあったのが事実だ。福祉政策のボウサ・ファミリアも成功し、国際的に評価もされた▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉2019年3月22日 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉  14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨 […]
  • ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?2019年3月19日 ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?  ボウソナロ大統領誕生の裏の立役者に、「ボウソナロのグル(精神的指導者)」オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ(Olavo de […]
  • 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?2019年3月15日 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?  12日、事件発生1年を直前にしたタイミングで、リオ市会議員マリエーレ・フランコ氏の殺害実行犯が逮捕された。だが、「これで解決」ではなく、むしろ、これからの展開が注目だ▼思えば殺人事件に関して、マリエーレ氏殺害後の伯国内での反応ほど奇妙なものを見たことは、コラム子の人生 […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]