ホーム | コラム | 樹海 | まるで「ロッキードの後の2・26」

まるで「ロッキードの後の2・26」

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)

17日、チリのピノチェ独裁政権擁護の政治家たちと会談するボウソナロ氏(@jairbolsonaro)

 大統領選はどうやらジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、伯国や南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれているかのような状態にあり、それをボウソナロ氏が救世主のように救うかのように描かれていたからだ▼だが、冷静に思い返せば、労働者党(PT)政権の13年もの間、その大半の時期において好景気で、国民による政権支持率もきわめて高い状態にあったのが事実だ。福祉政策のボウサ・ファミリアも成功し、国際的に評価もされた▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?2019年1月18日 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?  ボウソナロ氏の大統領就任から2週間が過ぎた。この間は、同氏の政治家人生の中でも最高の2週間だったのではないかと思われる▼ひとつは、年が明けてから続くドル安と株価の上昇だ。これには「左派でない大統領がついた」という市場の安堵感があることと、パウロ・ゲデス経済相が打ち出し […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]