fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》決選投票前に大学で言論統制?=判事らが公開授業や討論禁ず

《ブラジル》決選投票前に大学で言論統制?=判事らが公開授業や討論禁ず

大学への司法介入を報じた26日付の記事の一部(写真は、正面入り口に「言論統制を受けた」と大書した横断幕を掲げたUFF法学部)

大学への司法介入を報じた26日付の記事の一部(写真は、正面入り口に「言論統制を受けた」と大書した横断幕を掲げたUFF法学部)

 大統領選の決戦投票直前の23日から25日にかけ、全国各地の公立大学で、裁判所の命令を受けた警官が来て公開授業を停止させたり、ファシズム反対と書かれた掲示物を取り除かせたりする事件が続き、学長や学生が抗議行動を行った。
 一連の事件は、少なくとも、リオデジャネイロ、パライバ、ミナス・ジェライス、リオ・グランデ・ド・ノルテ、リオ・グランデ・ド・スル、セアラー、マット・グロッソ・ド・スルの7州、13の連邦大学で起きた。また、複数の州の州立大学などでも同様の事件が報告されている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月13日 東西南北  ボルソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じ […]
  • 東西南北2019年10月15日 東西南北  13日に行われたイルマン・ドゥウセの列聖式は、彼女が生前から有名人で国民にもなじみのあったことや、「ブラジル人最初の女性聖人」「歴史上、世界で3番目に早い聖人化」など話題性も大きかったことから大きく報じられた。ただ、宗教の宗派が違うと扱い方も異なるもので、福音派のウニベルサル […]
  • サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…2019年2月12日 サンフランシスコ川に鉱毒が流れ込んだら悪夢…  人生における「幸運の総量」は決まっているのか?――3年前のマリアナの鉱滓ダム決壊で生き延びた人が、今回のブルマジーニョでは行方不明になったとの報道に接し、そんなことを考えさせられた。2月3日付ヴェージャ誌サイトによれば、溶接工エリジオ・ジアスさん(32)はヴァーレの下 […]
  • 《ブラジル》アウキミンが大統領選二極化に激しく抵抗=「どっちが勝ってもベ国化」と警告=中道訴え、両極を激しく攻撃=討論会ではハダジが標的に2018年9月22日 《ブラジル》アウキミンが大統領選二極化に激しく抵抗=「どっちが勝ってもベ国化」と警告=中道訴え、両極を激しく攻撃=討論会ではハダジが標的に  民主社会党(PSDB)のジェラウド・アウキミン氏が、大統領選が極右候補のジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)の二極化の様相を見せはじめたことに強く警鐘を鳴らし、対抗する姿勢を強めている。21日付現地紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]