ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》三つの改革で財政健全化目指す=新財相確実のゲデス氏語る

《ブラジル》三つの改革で財政健全化目指す=新財相確実のゲデス氏語る

国家財政健全化への意欲を見せたゲデス氏(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

国家財政健全化への意欲を見せたゲデス氏(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

 ボウソナロ新政権(自由社会党・PSL)の財相就任が確実視されている、エコノミストのパウロ・ゲデス氏は28日、新政権の経済政策は、支出を抑え、財政健全化を目指す3大改革が柱になると語ったと、28、29日付現地紙・サイトが報じた。
 「最初は『社会保障制度改革』。2番目は『利子を生み出す国家債務の解消』だ。これは赤字の垂れ流しとなっている公社の民営化を行い、実現する。ブラジルが毎年、巨額の利子を払い続ける事は全く理にかなわない。3番目に『無駄の多い国家機構の改革』だ」と、ゲデス氏は語った。「累積負債ゼロを目指す。1年での達成も、決して不可能ではない」と語る同氏は、経済政策は散発ではなく、まとまった形で出されるとした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ