ホーム | ブラジル国内ニュース | SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま

SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま

 4月27日、サンパウロで行われていた「サンパウロ・ファッション・ウィーク(SPFW)」のファッション・ショーの最中に、モデルを務めていた男性が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる事態が発生。ブラジル・ファッション界に衝撃を与えている。
 亡くなったのは「タレス・コッタ」の名で知られるモデルのタレス・ニュートン・ゴメス・アルヴァレンガ・ソアレスさん(25)だ。タレス・コッタさんはこの日、サンパウロ西部で行われていたSPFWで、ブランド「OCKSA」のモデルとして参加。ステージから客席に突き出した細長い舞台をモデルが歩く、キャットウォークに臨んでいた。
 だが、歩いている時から少し足元がおぼつかない感じで、ターンを行った際にふらつき、数歩歩いた後に右側に倒れ、意識不明となった。救急隊によってすぐに病院に運ばれたが、病院に着いた時点では既に息絶えていたという。
 現在、サンパウロ市警は急死の理由を調べているが、まだ詳しいことはわかっていない。
 姉のアレッサンドラさん、母親のエロイーザさんによると、タレス・コッタさんは、モデルによく見られる拒食症や、薬物を使っている様子は特になく、食生活も普通だったと証言している。
 また、タレス・コッタさんは前日もキャットウォークを行っており、そのときは特に問題はなかったという。
 タレス・コッタさんが死亡したとの正式な知らせがSPFWの主催者に伝わった後にファッション・ショーを行ったブランドのモデルたちは、「追悼」「愛」などと書いた紙を持って歩き、タレス・コッタさんへ追悼の意を示した。
 SFFWも、タレス・コッタさんの所属モデル・エージェンシーのバーゼMGTと共同で追悼コメントを正式に発表している。
 なお、タレス・コッタさんの遺体は、4月29日に出身地のミナス・ジェライス州マニュアス市の市営墓地に葬られた。(4月27~29日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ?2020年9月5日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ? 今も続く邦字紙、日本人墓地、相撲  『グリンゴ』第3巻に出てくる勝ち組「東京村」の神社の鳥居のコマと、実在する似た景色としては、生長の家ブラジル伝道本部のイビウナ聖地の鳥居がある。  ブラジルの田舎の町に忽然と立派な鳥居と神社現れる様子は、漫画の描写に似ている。同教 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]