ホーム | ブラジル国内ニュース | SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま

SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま

 4月27日、サンパウロで行われていた「サンパウロ・ファッション・ウィーク(SPFW)」のファッション・ショーの最中に、モデルを務めていた男性が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる事態が発生。ブラジル・ファッション界に衝撃を与えている。
 亡くなったのは「タレス・コッタ」の名で知られるモデルのタレス・ニュートン・ゴメス・アルヴァレンガ・ソアレスさん(25)だ。タレス・コッタさんはこの日、サンパウロ西部で行われていたSPFWで、ブランド「OCKSA」のモデルとして参加。ステージから客席に突き出した細長い舞台をモデルが歩く、キャットウォークに臨んでいた。
 だが、歩いている時から少し足元がおぼつかない感じで、ターンを行った際にふらつき、数歩歩いた後に右側に倒れ、意識不明となった。救急隊によってすぐに病院に運ばれたが、病院に着いた時点では既に息絶えていたという。
 現在、サンパウロ市警は急死の理由を調べているが、まだ詳しいことはわかっていない。
 姉のアレッサンドラさん、母親のエロイーザさんによると、タレス・コッタさんは、モデルによく見られる拒食症や、薬物を使っている様子は特になく、食生活も普通だったと証言している。
 また、タレス・コッタさんは前日もキャットウォークを行っており、そのときは特に問題はなかったという。
 タレス・コッタさんが死亡したとの正式な知らせがSPFWの主催者に伝わった後にファッション・ショーを行ったブランドのモデルたちは、「追悼」「愛」などと書いた紙を持って歩き、タレス・コッタさんへ追悼の意を示した。
 SFFWも、タレス・コッタさんの所属モデル・エージェンシーのバーゼMGTと共同で追悼コメントを正式に発表している。
 なお、タレス・コッタさんの遺体は、4月29日に出身地のミナス・ジェライス州マニュアス市の市営墓地に葬られた。(4月27~29日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • 《ブラジル》衛生環境不備で4万人が入院=必要経費は1610万レアル2020年6月9日 《ブラジル》衛生環境不備で4万人が入院=必要経費は1610万レアル  ブラジル環境・サニタリー技術協会(ABES)が5日、衛生環境の不備が原因で病気になって入院した人が第1四半期だけで4万人いたと発表した。  衛生環境が不十分または不適切なために起こる病気(DRSAI)による入院期間の平均は3日間で、統一健康保健システム(SUS)が保 […]
  • リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに2020年6月4日 リオ市=オンラインで写真を競売=スラム援助の資金作りに  リオ市の写真家達が、コロナウイルスの蔓延で苦しむファヴェーラ(スラム街)の人達を支援する資金作りのため、自分達が撮影した写真をオンラインで競売にかけた。  写真の競売を計画したのは、「ファヴェラグラフィア」と呼ばれるプロジェクトに参加する9人の若手写真家達だ。スラム […]
  • サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職2020年3月4日 サンパウロ州海岸部=集中豪雨で12人の死者=救出作業中の消防士も殉職  サンパウロ州バイシャーダ・サンチスタ地区が2~3日に集中豪雨に見舞われ、3日午後0時40分現在で、死者12人、行方不明者46人という惨状になっていると3日付現地紙サイトが報じた。  2日からの雨は12時間で100ミリを超える強いもので、サンヴィセンテとグアルジャー、 […]