ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ENEMの2日目が開催=実生活に根ざした理系問題

《ブラジル》ENEMの2日目が開催=実生活に根ざした理系問題

 国家高等教育試験(ENEM)2日目の11日は、数学と自然科学の試験が行われた。12日付現地紙が報じている。
 4日に行われた初日から1週間後の2日目は、自然科学系の数学と物理、生物、化学から、選択制で試験が行われた。
 今年の出題は、受験生が実生活や普段の生活で見聞きすることに基づいたものが目立った。それはたとえば、コンピューター・ゲーム「マインクラフト」にちなんだものや、受刑者の刑期や空港で受け付けた手荷物を仕分けしたりするのにかかる時間を計算する問題などが出たという。
 幼稚園から高校までと予備校を併せ持つCOCの数学教師フェリペ・フレイレ氏によると、「今年の計算問題は中程度の難易度だが、質問やグラフの意味を汲み取るのに骨が折れる問題も混じっていた」という。
 今年のENEMは、初日の主題内容を巡り、ジャイール・ボウソナロ氏からの批判を受けた。初日の質問の中には、同性愛やネットでの情報操作などが含まれており、同氏は「次からは事前に問題を見たい」と9日に語っていた。
 だが、ENEMを管轄する国立教育研究院(INEP)のマリア・イネス・フィニ院長は、「連邦政府にそのような権限はない」とボウソナロ氏に反論している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》モロ法相 人気急降下は夫だけにあらず=ロザンジェラ夫人に相次ぐ舌禍2019年8月31日 《ブラジル》モロ法相 人気急降下は夫だけにあらず=ロザンジェラ夫人に相次ぐ舌禍  「ヴァザ・ジャット報道」以降、ラヴァ・ジャット作戦での「汚職政治家を取り締まる正義の判事」のイメージが一転し、国民やマスコミ、政界での人気が急降下中のセルジオ・モロ法相。「判事時代に自らが検察を指揮していた」「保守系政治家の捜査や供述聴取を嫌がった」「証拠不十分と知りながら判 […]
  • 《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え2019年8月29日 《ブラジル》人口統計調査発表される=総人口は2億1千万人超え  ブラジル地理統計院(IBGE)は28日、ブラジル国内の総人口が2億1014万7125人に達したと発表した。  これは今年7月1日時点での推定総人口で、昨年同日の推定総人口2億850万人より0・79%増えた。2017年から2018年にかけての増加率は0・82%だった。  州 […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に2019年8月29日 サレス環境相が緊急入院=アマゾン森林火災で渦中に  リカルド・サレス環境相(44)が27日夜、ブラジリアの病院に緊急入院した。28日付現地サイトが報じている。  サレス環境相は27日の午後11時過ぎ、ブラジリアの軍病院に入院した。「気分が悪くなった」とのことで、特に目立って大きな症状があるわけではなかったというが、入院させる […]
  • 《ブラジル》インターネットの利用者増加=市街地は74%、農村部も49%が接続2019年8月29日 《ブラジル》インターネットの利用者増加=市街地は74%、農村部も49%が接続  ブラジルでのインターネットの利用増加は止まらず、18年の利用者は1億2690万人で、人口の70%に達した事が明らかになった。  TICドミシリオスの調査によると、人口に占める利用者の割合は、67%から70%となり、3%ポイント増えた。  市街地の住民の利用率は74%で、全 […]