ホーム | 文芸 | 刊行 | ピンドラーマ=12月号

ピンドラーマ=12月号

 コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」12月号が出版された。
 「ブラジル面白ニュース」では、リオのカテドラル・メトロポリターナに設置された「ホームレスのイエス像」を紹介。「ブラジル社会レポート」では、ボウソナーロ新政権の見通しを展望した。その他、グルメ、イベント、求人情報などが掲載されている。
 日系書店、日本食材店などで配布中。問合せは同出版社(11・3277・4121)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年8月29日 「『武蔵』は化け物だ」=ビエナル・ド・リブロ=10万冊も売れ特別版まで=伯文学へ日本の影響顕著 ニッケイ新聞 2008年8月29日付け  「『武蔵』は化け物だ」。サンパウロ市アニェンビー国際展示場で十四~二十四日に開催された第二十回ビエナル・ド・リブロでは、日本移民百周年記念で十五日に「ブラジルにおける日本文学の行方」というテーマの講演会が行われ、改めてベストセラー […]
  • 五輪公園=バリアフリーの満足度は=身障者たちの生の声拾う2016年9月20日 五輪公園=バリアフリーの満足度は=身障者たちの生の声拾う  18日のパラリンピック閉幕を前に、ブラジルのニュースサイトG1はリオ市西部バーハ・ダ・チジュッカの五輪公園を訪れた身障者に、競技会場へのバリアフリー設計は徹底されていたかを質問した。  回答はおおむね良好といったものが多かったが、いくつかの点で不満も散見した。  左脚が義 […]
  • 大耳小耳2008年10月3日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年10月03日付け […]
  • 6歳児デング熱で死亡=サンパウロ市で今年初の死者出る2014年4月9日 6歳児デング熱で死亡=サンパウロ市で今年初の死者出る ニッケイ新聞 2014年4月9日 サンパウロ市保健局が8日、2日にサンパウロ総合大学(USP)付属病院で亡くなった6歳の男児は今年初のデング熱の犠牲者と発表したと8日付各紙サイトが報じた。 少年は発熱と嘔吐、腹痛を訴え、ラッパ区の救急外来で受診後、USP付属病院集中治療室に入院 […]
  • Enemで不正行為1522人=ミナスで犯罪集団を逮捕2013年12月24日 Enemで不正行為1522人=ミナスで犯罪集団を逮捕 ニッケイ新聞 2013年12月24日  教育省(MEC)は、今年10月に実施されたEnem(国家高等教育試験)受験者のうち、不正行為を試みた疑いのある1522人の名前を、受験者リストから除外したと発表した。21日付エスタード紙が報じた。 […]