ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル世論調査》米国追従に3分の2が反対=次期ボウソナロ政権は、発足前からラブコール

《ブラジル世論調査》米国追従に3分の2が反対=次期ボウソナロ政権は、発足前からラブコール

エルネスト・アラウージョ次期外相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

エルネスト・アラウージョ次期外相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 今月18、19日にブラジル国内130の市に住む2077人を対象に行われた、調査機関ダッタ・フォーリャの調査によると、ブラジル国民のおよそ3人に2人が、米国よりの外交政策を採ることに反対と答えた。
 米国寄りの外交政策を採ることは、1月1日に大統領に就任するジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)と、エルネスト・アラウージョ次期外相が共に提唱している方針だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ