ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ダッタフォーリャ調査=低いボウソナロ政策の支持率=銃規制緩和も6割が反対

《ブラジル》ダッタフォーリャ調査=低いボウソナロ政策の支持率=銃規制緩和も6割が反対

 ダッタフォーリャの最新の調査によると、銃規制緩和をはじめとする、ボウソナロ大統領が目標とする政策に国民が必ずしも賛成しているわけではないという結果が出ている。15日付フォーリャ紙が報じている。
 ダッタフォーリャは12月18、29日に、ボウソナロ氏が掲げる13のモットーに関する調査を行った。それによると、国民は「強姦されて妊娠した場合も中絶すべきではない」に51%、「環境保護は経済成長を止める」に59%、「先住民保護区を減らすべき」に60%、「米国との貿易を優先すべき」に66%、「女性の給与が男性より低いのは、各企業の問題であり、政府の責任ではない」で50%、「労働関連法は少なくなるべきだ」で57%、「公社はできるだけ民営化すべきだ」で60%、「銃規制の緩和」で68%の反対があったという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ