ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル政権は四面楚歌=年内のエレトロブラス民営化は困難=他の経済刺激策も足止め

《ブラジル》テメル政権は四面楚歌=年内のエレトロブラス民営化は困難=他の経済刺激策も足止め

テメル大統領(Antonio Cruz/Agência Brasil)

テメル大統領(Antonio Cruz/Agência Brasil)

 【既報関連】10月7日の大統領選まで4カ月余り、今年いっぱいまでの任期終了まで7カ月弱。テメル政権はもはや延命に汲々としており、「任期いっぱいは改革の道を諦めない」との方針は到底、維持できない状態にいる。
 求心力は落ち、連立与党からも見放されたテメル政権は、5月21日からのトラック運転手ストでも運転手側に大幅に譲歩しただけでなく、4月にエドゥアルド・グアルジア財相と策定した優先経済課題の実現も困難な状況にあると、3日付現地紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ