ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響

《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響

デング熱、ジカ熱、チクングニア熱のウイルスを媒介するネッタイシマカ(Rafael Neddermeyer / Fotos Públicas)

デング熱、ジカ熱、チクングニア熱のウイルスを媒介するネッタイシマカ(Rafael Neddermeyer / Fotos Públicas)

 ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。

 ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論文の中で、ジカウイルスに感染した人達に生じる症状は、環境的な要因や生活習慣などの影響を受けると述べている。

 リオ連邦大学助教授のパトリシア・ガルセス氏は、2015年に小頭症児を産んだ母親の40%はたんぱく質の摂取に問題があったとして、妊婦の栄養状態が小頭症児誕生に影響を与えたとの認識を示した。

 ジカ熱に感染した妊婦から生まれた子供には、小頭症のように脳や脳内の神経細胞の発達に問題がある例や、網膜の問題(視覚障害)がある例、心室拡大などの心臓疾患がある例などが報告されている。

 ガルセス氏と同様の発言は、オックスフォード大学教授のゾウタン・モウナー氏も行っている。同氏によると、「たんぱく質を中心とする栄養素の不足がジカ熱の影響を深刻化させた」という。貧困家庭では炭水化物摂取量が多く、たんぱく質の摂取量が少ない事が、ジカ熱感染で生じた小頭症児誕生にも大きな影響を与えたというのだ。

 ジカウイルスは、デング熱なども媒介するネッタイシマカが媒介する。ブラジルはジカ熱で大きな影響を受けた国の一つで、約75%の患者は北東部で発生した。北東部はブラジル国内で最も人間開発指数が低い。

 ガルセス氏は、栄養状態が悪いと免疫能力が低下する事は科学者の間では常識とした後、たんぱく質の摂取量が少ないと体力が低下し、感染症などに対する免疫能力も低くなる事と、貧困者が多い北東部でのジカ熱流行と小頭症児誕生には密接な関係があると述べた。

 ブラジルと英国の研究者達の仮説は、動物実験でも確認された。妊娠中のネズミに栄養バランスが崩れた餌を与えると、栄養バランスが良い餌を与えたネズミより感染症に罹りやすく、症状も重くなるというのだ。

 ただし、栄養状態を整えるだけではジカ熱感染は防げない。ガルセス氏は、妊婦への栄養指導などと共に、ボウフラが発生するような場所をなくす事が、ジカ熱による影響を少しでも減らすために不可欠だと説いた。

 論文では、今回の研究で明らかになった事柄を医療現場に適用するのはまだ早いとしているが、その一方で、動物実験で明らかになった事実は、ジカ熱を含む感染症への対応のあり方を示唆するのに充分だとの見解も明らかにしている。(13日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]
  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]
  • デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す2019年3月27日 デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す  保健省が25日、3月16日までの11週間に確認されたデング熱患者は22万9064人で、昨年同期の264%増と発表した。  1月1日~3月16日の患者が22万9千人に及んだ事で、患者の発生率は10万人当たり109・9人となった。  また、今年のデング熱による死者は6 […]
  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]