ホーム | ブラジル国内ニュース | ダヴォス会議=ボウソナロ・ブラジル大統領の基調演説は拍子抜け=社会保障改革語ったのはゲデス経済相=投資家へのPRに励む

ダヴォス会議=ボウソナロ・ブラジル大統領の基調演説は拍子抜け=社会保障改革語ったのはゲデス経済相=投資家へのPRに励む

ボウソナロ大統領(Christian Clavadetscher)

ボウソナロ大統領(Christian Clavadetscher)

 ジャイール・ボウソナロ大統領は22日、スイスのダヴォスで行われている世界経済フォーラム(ダヴォス会議)で基調演説を行った。23日付ブラジル各紙が報じている。

 ボウソナロ大統領の国際舞台での初演説は6分半ほどで、イデオロギーにとらわれない新しい国の創出、世界に開かれた経済体制の構築、治安回復、環境保護、より容易にビジネスを興せるような国の構造改革、観光促進を、政治や党派の論理でなく、能力重視で選んだ閣僚らと共に成し遂げると語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ