ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」を求める声は支持者やボルソナロ政権内部からも浮上していた。だが、多くを語ることのないまま、本日就任することになった。1月31日付フォーリャ紙では、その疑惑の関係図がパワー・ポイントで図式化されるなど、引き続き話題に事欠かない同上議だが、無事に4年間を乗り切ることができるか。
     ◎
 1月のカンタレイラ水系への降水量は227ミリ。水位としては1カ月で約4%ポイント増の43・3%まで上がった。2013~15年の最悪期の1月よりはかなりマシなものの、1月は300~400ミリ降る年もあるので、もう少し欲張りたかった気も。月100ミリ以上の雨が見込める雨季はあと2カ月。この間にできるだけ雨が降り、次の乾季にも水不足を心配しないでいいくらいの水位になることに期待したい。
     ◎
 1月30日に行われたサッカーのサンパウロ州選手権、調子の上がらないコリンチャンスは本拠地での対レッド・ブル戦を、まさかの0―2の惨敗で落とした。しかも、出場した選手が主力なのにこの結果というのは痛かった。これで、ここまで1勝2敗1分のまま、2日は宿敵パルメイラスとの今年最初のクラシコ(伝統ゲーム)で、しかも敵地。何とか挽回したいところだが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]