ホーム | 日系社会ニュース | 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも

第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも

ひまわり太鼓によるショー

ひまわり太鼓によるショー

 日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ4万4千人(入場料20レアル)が来場し、日本文化のワークショップ、太鼓、アニメ・漫画などを楽しんだ。本紙の姉妹紙「ジョルナル・ニッパキ」の取材に対し、TASAイベンツの佐藤孝男社長は「リオに日本文化を普及できたと自負している。来年は更に面白い企画に取り組みたい」と早くも来年に対する展望を語った。

 リオ祭りの前身「リオ日本祭り」は同市内のフラメンゴ公園で行われていた。しかし悪天候によるトラブルに直面し、場所を変更する必要が生じた。リオ日系協会の松浦實会長によれば「そこにTASAイベンツとGLイベンツから新しい祭りの話があり、これが始まった」と言う。
 リオ日本祭りは2日間で1万2千人の集客だったが、昨年のリオ祭りでは3日間で約4万人が来場。同市の一大イベントへと成長した。
 昨年と同様に非日系人の来場者を中心に、会場は賑わいを見せた。日本食コーナーや、茶道や書道、茶道・生花・書道など日本文化のワークショップ、武術家のデモンストレーション、歌や踊り、太鼓などのショー、仮想現実ゲームの紹介、漫画やアニメのコーナーなど、多くの見世物で来場者を楽しませた。
 今年もミス・ニッケイ・リオ祭り、コスプレコンクールが開催され、思い思いに凝った衣装に身を包んだ出演者が観客を魅了した。

非日系人にも大人気のコスプレショー

非日系人にも大人気のコスプレショー

 25日の午後7時から行われた開会式には、来賓の在リオ日本国領事館の近藤健首席領事、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの洲崎勝所長、リオ州日伯文化体育連盟の森巍(たかし)理事長、日系協会の松浦会長が出席。リオで盛大な日本文化の祭りが開かれることに対し、それぞれ感謝と祝辞を述べた。
 琉球國祭り太鼓やミュージカル、藤間流日本舞踊、ひまわり太鼓、日本から来伯中の「バケツドラマー」MASAさんのライブショーなどがあり、来場者の熱気を高めた。
 GLイベンツ責任者のミレナ・パルンボさんは「カリオカ(リオっ子)は全ての文化を喜んで受け入れる。だからこの祭りも成功した」と昨年より動員できた理由を語った。


□関連コラム□大耳小耳

 リオ祭りで今回特別に表彰された人の1人は、なんと聖市のリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長。「日系社会を代表する人」として表彰されたそうだ。姉妹紙のジョルナル・ニッパキ紙によれば、池崎会長はリオで表彰されたことに非常に感動したとか。聖市では数え切れないぐらい表彰を受けてきた池崎会長も、リオで受けるオメナージェンには込み上げるものがあったよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ