ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・社会保障改革問題》ゲデス経済相、1兆レアル削減の強行案発表

《ブラジル・社会保障改革問題》ゲデス経済相、1兆レアル削減の強行案発表

パウロ・ゲデス経済相(Wlison Dias/Ag. Brasil)

パウロ・ゲデス経済相(Wlison Dias/Ag. Brasil)

 できるだけ大型の支出削減を勝ち取りたいパウロ・ゲデス経済相の周辺からリークされたと思われる、かつてないほど厳しい社会保障改革案が5日付現地紙に掲載され、早くも議員たちからは反発の声が挙がっていると、6日付現地各紙が報じた。

 このゲデス案には「年金受給開始年齢は男女共に65歳」「受給に最低限必要なINSSの支払い期間は一般市民20年、公務員25年」「満額受給のためには40年のINSS積み立てが必要」「各種恩給は法定最低賃金以下」「公務員の年金積み立て、給与天引き率アップ」などが含まれる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ