ホーム | コラム | オーリャ! | 独移民の町、ポメローデ

独移民の町、ポメローデ

 世界最大規模のオクトーバーフェストが催されるサンタカタリーナ州ブルメナウから、車で一時間ほど離れたところに「ポメローデ」というドイツ移民の町がある。〝ブラジルで最もドイツらしい町〟との名を冠するところだ。
 ブルメナウからは近いが、ポメローデ行きの路線バスは一日数本しか出ておらず、交通の便は余りよくない。途中で乗車してくる客は独移民の子孫と思われる金髪碧眼のガイジンばかり。店の標識も独語で書かれ、老人と会話する若者からも独語が漏れ聞こえてくる。閉ざされた異世界に来たかのような錯覚に陥った。
 ポメローデは、1863年に独北部ポメラニア地方の移民により拓かれた。市人口2・5万人で約8割がその子孫にあたる。入植から150年以上経つが、市人口の約8割が独語を話すというから、子孫のほぼ100%が独語を話す計算になる。驚異的な数値だ。
 戦時中には日本移民と同じく敵性国民として厳しく弾圧された。だが、家庭内では頑なに独語を子孫に教え続けた。その習慣は現在でも引継がれており、入学前の子供は家庭では独語のみ、ポ語は社会に出るのに必要な言語という考えが根付いているらしい。
 市内の初中等学校では独語の授業が義務化されており、10年には独語、17年にはポメラニア語も市の公用語となった。民族のアイデンティティとは、母国語と密接に結びついているものなのだろう深く納得させられた。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 苦い豪華なハンバーガー2019年6月8日 苦い豪華なハンバーガー  先日、大手ハンバーガーファストフード店で夕食をとったが、実はこの種の飲食店が苦手だ。というのもハンバーガーは好きだが、バールと比べ無愛想な店員が多く、飲料やフライドポテトのセットメニューも複雑。ポ語に慣れないオーリャ子には注文が難しい。  その時の店員はとても親切で、オーリ […]
  • 笑える冗談、笑えない冗談2019年6月5日 笑える冗談、笑えない冗談  昨月24日に、ボウソナロ大統領が記者会見で「小さい」の例えに日本を用いたという件。卑猥な意味も込められた冗談とされているが、ブラジル国内の日本人や日系人の反応は世代によって異なるのが興味深い。  ブラジルにいる日本人は、概ね冷めた目で見ている印象だ。同氏の連日の言動から「ま […]
  • チームワーク力2019年6月1日 チームワーク力  「車いすフェンシング世界選手権」が5月21~25日、聖市で開催され、オーリャ子は団体戦を観戦した。日本からは男子が出場したが3戦3敗。出場した藤田道宣選手は「日本は団体戦で個人戦をしている。チームとしての雰囲気が作れていない」との課題を挙げた。  団体戦は、いくら個々のメン […]