ホーム | 日系社会ニュース | 楽書倶楽部=初の「大賞」作品は広川さん=80歳女性のときめき描く

楽書倶楽部=初の「大賞」作品は広川さん=80歳女性のときめき描く

1位の広川さんと2位の村上さん

1位の広川さんと2位の村上さん

 日毎叢書企画出版により『楽書倶楽部』第46号が15日付で刊行され、初の試みである「楽書倶楽部大賞」が発表され、広川和子さんの小説「浅きゆめみし」が受賞した。これは2018年に5冊発行された同誌に掲載された全作品から、一番気に入ったものを読者に選んでもらうもの。
 80歳を迎えた女性の心のトキメキを描いた作品で、広川さんは「とても励みになる。本当にありがたい」と感謝した。
 作品「はるこ」で2位になった村上尚子さんは、「書き手にはとても刺激になる企画。まるで朝鮮人参ね」と笑った。3位には同点で、吉田恭子さんの「面白い日本語と英語の違い」、有澤真理子さんの「愛のかたち」が入った。読者からの著者推薦の通知は全部で64通あった。
 発行者の前園博子さんは「不思議なことに全投稿者の作品に1点ずつ推薦があり、それぞれにファンがついていることに大変うれしく思いました。今年2019年大賞も募集します。ぜひ新しい書き手にも加わってほしい。来年の創刊10周年の席で表彰する予定です」と予告した。
 同誌や同大賞に関心のある人は、同企画出版(11・3341・2113)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2007年4月17日 東西南北 2007年4月17日付け […]
  • 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(18)2013年6月29日 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(18) ニッケイ新聞 2013年6月7日  迫害(Ⅰ)  日本軍の戦況と共に、邦人たちが神経を尖らせていた関心事が、迫害であった。敵性国民となった自分たちに、この国の官憲や報道機関、民衆から、どの様な迫害があるか判らなかったからだ。 […]
  • 天皇陛下=令和初の誕生日、還暦祝う=サンパウロ市立劇場で1200人が万歳!=市庁舎を日の丸色に特別照明2020年3月4日 天皇陛下=令和初の誕生日、還暦祝う=サンパウロ市立劇場で1200人が万歳!=市庁舎を日の丸色に特別照明  今上陛下が2月23日に令和になって初めての誕生日、しかも還暦を迎えるのを祝って日系主要5団体が「天皇陛下誕生日祝賀会」を2月28日午後7時半から、サンパウロ市立劇場で行い、約1200人が盛大に万歳三唱をした。当日はサンパウロ市役所が協賛し、御茶ノ水橋を挟んで斜め向かい […]
  • 大耳小耳2010年10月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月6日付け […]
  • 日帰りサントスツアー=コーヒー鑑定講座も2019年8月8日 日帰りサントスツアー=コーヒー鑑定講座も  旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「日帰りサントスと『コーヒー鑑定講座』ツアー」を17日に開催する。  朝7時にサンパウロ市を出発。サントスではコーヒー鑑定士の大御所、ニルトン・リベイロさんを講師に招き、生豆の選別法など貴重な講座を受ける。受講後には受講証明 […]