ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院議長に住宅の不正申告疑惑浮上=家1軒と土地5件が未申請=選挙法違反で既に捜査も

《ブラジル》上院議長に住宅の不正申告疑惑浮上=家1軒と土地5件が未申請=選挙法違反で既に捜査も

アウコルンブレ(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

アウコルンブレ(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

 上院議長のダヴィ・アウコルンブレ氏(民主党・DEM)に関し、これまでに報じられてきた疑惑のほかに、過去6回出馬した選挙において、住宅資産の申告をほとんど行っていなかったという疑惑が生じている。25日付フォーリャ紙が報じている。
 アウコルンブレ氏は90年代に政界入りし、2002年に下院議員に初当選。以来、06、10年に下議に再選した上、12年のマラニョン州マカパー市長選(落選)や14年の上院議員選(当選)、18年のマラニョン州知事選(落選)などに出馬経験がある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ