ホーム | Free | 商工会議所=部会長シンポジューム28日に=ボウソナロ新政権の変化に期待

商工会議所=部会長シンポジューム28日に=ボウソナロ新政権の変化に期待

案内に来社した讃井総務委員長、平田事務局長(左から)

案内に来社した讃井総務委員長、平田事務局長(左から)

 ブラジル日本商工会議所(土屋信司会頭)の総務委員会と企画戦略委員会が共催する恒例の「2019年業種別部会長シンポジューム」が今月28日午後1時から、インターコンチネンタルホテル(Rua Alameda Santos, 1123)で開催される。日ポ両語同時通訳つき。参加費無料。シンポ後の懇親会は80レ。
 今年のテーマは「2018年の回顧と2019年の展望 成長への期待、変化への対応」。過去半年間の結果と、今後半年間の見通しを自動車、食品など10分野に分かれて発表するもの。講評は野口泰在聖総領事が務める。
 案内に来社した平田藤義事務局長は、「ブラジルで右寄りの大統領が初めて投票によって選ばれたことを受け、変化に期待がかかる。社会保障改革の行方やゲデス経済相の手腕に日系企業がどのような見方をしているかが分かる」とし、讃井慎一総務委員長も「ブラジル経済の最新動向を知る最高の機会。ぜひご参加を」と呼びかけた。
 問合せ又は申込みは、事務局(電話=11・3178・6240、メール=secretaria@camaradojapao.org.br/カリーナ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ