ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■川田敏之さん

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。
 長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。
 87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年6月から95年6月まで会頭を務めたほか、西部アマゾン日系協会でも相談役を務めるなどしていた。
 06年には、川田さんが執筆した自分史『遠い日々の奥アマゾン』が、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれていた。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスの川田敏之さんが亡くなった。自分史『遠い日々の奥アマゾン』が06年、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれ、ニッケイ新聞でも掲載したので憶えている読者もいるのでは。本紙2010年1月1日号で川田流「ガラピン健康法」を披露してくれた。これはガラナをピンガに漬け込んだもの。川田さんが“研究 ”を重ねた末に編み出した作り方は次のとおり。アルコール度数が強め39~40度のピンガ1本と、ガラナの乾燥実を用意する。次に皮を剥いたガラナを12~15粒放り込む。後は半年以上寝かせてじっくりエキスが出るのを待つだけ。「ピラルクーの刺身をつまみながらの一杯は格別」だとのこと。日本で大賞を獲得した自分史も、これを一杯やりながら書いたという。今頃天国で懐かしい親友に再会し、ガラピンでさっそく乾杯しているかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■須藤忠志さん2019年3月9日 ■訃報■須藤忠志さん  元汎アマゾニア日伯協会副会長の須藤忠志さんが、7日にアマゾニア病院で亡くなった。死因は心不全。享年86歳。  須藤さんは1932年12月4日に福島県川根軍郡で生まれ、1954年に家族5人にロンドニア州のトレーゼ・デ・セッテンブロ植民地に入植した「グァポレ移民」だ。  19 […]
  • 文協評議員選、来月30日に=立候補者は87人のみ2019年2月16日 文協評議員選、来月30日に=立候補者は87人のみ  来月30日に行われる文協評議員会選挙の立候補申込みが、今月8日に締め切られた。選挙管理委員会(大原毅委員長)によれば、立候補者は87人のみ。そのなかから、正評議員50人と補充評議員25人が選出される。  文協会員に対しては、投票用紙と投票要領がすでに送付済み。18年度会費を […]
  • □休刊のお知らせ□2019年3月1日 □休刊のお知らせ□  3月5日(火)がカーニバル祝日のため、印刷所が前日の4日(月)も休業するので、本紙の印刷ができない。このため、5日(火)付、6日(水)付が休刊となり、来週の新聞は7日(木)付からとなる。  やはり、祝日の関係でトランスフーリャ社に配達を委託している地域では、5日(火)の配達 […]
  • ■訃報■岸川吉朗(よしあき)さん2019年2月13日 ■訃報■岸川吉朗(よしあき)さん  佐賀県人会館の剣道道場「葉隠館」で剣道、居合道を30年以上指導してきた岸川吉朗さんが10日、癌のため亡くなった。享年83。  岸川さんは佐賀県出身で1959年に渡伯。柔道で怪我をしたことを機に、70年から一家4人で剣道を始めた。  その後、ブラジル剣道連盟やパウリスタ剣道 […]
  • リコー杯に星野さん挑戦=海外女流棋士の登竜門2019年2月14日 リコー杯に星野さん挑戦=海外女流棋士の登竜門  株式会社リコーと日本将棋連盟が主催する第9期リコー杯女流王座戦の海外招待選手選抜大会が16、17日の両日、国際将棋対戦サイト「81 Dojo」にて行われる。  各国を代表するアマチュア女性棋士が優勝を競い、優勝者は5月に日本で行われる女流王座戦一次予選対局に招待される。伯国 […]