ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■川田敏之さん

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。
 長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。
 87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年6月から95年6月まで会頭を務めたほか、西部アマゾン日系協会でも相談役を務めるなどしていた。
 06年には、川田さんが執筆した自分史『遠い日々の奥アマゾン』が、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれていた。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスの川田敏之さんが亡くなった。自分史『遠い日々の奥アマゾン』が06年、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれ、ニッケイ新聞でも掲載したので憶えている読者もいるのでは。本紙2010年1月1日号で川田流「ガラピン健康法」を披露してくれた。これはガラナをピンガに漬け込んだもの。川田さんが“研究 ”を重ねた末に編み出した作り方は次のとおり。アルコール度数が強め39~40度のピンガ1本と、ガラナの乾燥実を用意する。次に皮を剥いたガラナを12~15粒放り込む。後は半年以上寝かせてじっくりエキスが出るのを待つだけ。「ピラルクーの刺身をつまみながらの一杯は格別」だとのこと。日本で大賞を獲得した自分史も、これを一杯やりながら書いたという。今頃天国で懐かしい親友に再会し、ガラピンでさっそく乾杯しているかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■根岸茂樹さん2019年4月26日 ■人探し■根岸茂樹さん  聖市ボスケ・ダ・サウーデ在住の幕田正夫さんが、根岸茂樹さんを探している。  根岸さんは上智大学の卒業生で、現在72歳。大学卒業後、株式会社前川製作所に入社、聖州に赴任。その後、ブラジル東京銀行ガルボン・ブエノ支店、ポルト・アレグレ支店に勤務。1996年当時は聖州に在住、日系 […]
  • ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待2019年4月17日 ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待  再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料 […]
  • ■人探し■2019年4月17日 ■人探し■  近畿自動車道紀南高速事務所の石橋樹主事が、聖州カフェランジア市在住と見られる四宮トミさんの消息を探している。  四宮さんは1915年5月10日生まれで、存命なら103歳。夫は、利幸さん。本籍地は、和歌山県西牟婁郡すさみ町里野877番地だ。  近畿自動車道紀南高速事務所では […]
  • 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで2019年4月12日 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで  沖縄県南城市の出身者・子弟によるブラジル南城市民会(嶺井健三イヴェス会長)が本年度の県費留学生を募集している。募集は今月30日まで。  研修概要は、研修生が専攻する技術の研修や、日本語研修など。期間は今年10月上旬から来年1月上旬までを予定している。  同市(旧佐敷町・旧 […]
  • 「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ2019年4月16日 「百歳以上高齢者は連絡を」=百歳表彰で総領事館が呼びかけ  在聖総領事館(野口泰総領事)は、2019年度(令和元年)の百歳高齢者表彰の該当者募集を受付けている。締切りは、5月30日まで。  例年、敬老の日を記念し、百歳以上の邦人高齢者に対して、内閣総理大臣から祝状と記念品が贈呈される。  対象は、1919年(大正8年)4月1日から […]