ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■川田敏之さん

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。
 長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。
 87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年6月から95年6月まで会頭を務めたほか、西部アマゾン日系協会でも相談役を務めるなどしていた。
 06年には、川田さんが執筆した自分史『遠い日々の奥アマゾン』が、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれていた。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスの川田敏之さんが亡くなった。自分史『遠い日々の奥アマゾン』が06年、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれ、ニッケイ新聞でも掲載したので憶えている読者もいるのでは。本紙2010年1月1日号で川田流「ガラピン健康法」を披露してくれた。これはガラナをピンガに漬け込んだもの。川田さんが“研究 ”を重ねた末に編み出した作り方は次のとおり。アルコール度数が強め39~40度のピンガ1本と、ガラナの乾燥実を用意する。次に皮を剥いたガラナを12~15粒放り込む。後は半年以上寝かせてじっくりエキスが出るのを待つだけ。「ピラルクーの刺身をつまみながらの一杯は格別」だとのこと。日本で大賞を獲得した自分史も、これを一杯やりながら書いたという。今頃天国で懐かしい親友に再会し、ガラピンでさっそく乾杯しているかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始2019年6月27日 参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始  日本政府は臨時閣議で「第25回参議院議員通常選挙」を「7月4日公示、21日投開票」の日程で実施すると正式に決定した。これに伴い、伯国でも、各地の在外公館にて、次の日程で在外投票を受け付ける。  在外公館投票は5日から開始の予定。投票終了日は公館によって異なり、在聖日本国総領 […]
  • ■訃報■尾崎守氏2019年6月19日 ■訃報■尾崎守氏  長年にわたって聖州イタペチニンガ市で日本語教師として活躍し、ブラジル日本文化福祉協会の評議員なども務めた尾崎守さんが、16日午後2時26分に亡くなった。享年86。死因は不明だが、関係者によれば6年前に脳卒中を患い、寝たきりの状態が続いていた。  尾崎さんは旧関東州大連生まれ […]
  • 在聖総領事館「RNE使って」=JRパスの確認書類呼びかけ2019年6月26日 在聖総領事館「RNE使って」=JRパスの確認書類呼びかけ  1枚で日本中を周遊可能なジャパン・レール・パス(以下、JRパス)。このJRパスの引換証購入・引換する際の確認書類について、在聖日本国総領事館(野口泰総領事)は、JRグループから旧型の本人確認カード(RNE)を利用するよう注意があったと呼びかけている。  現在の利用資格は、J […]
  • ■訃報■本紙パラー州通信員の下小薗昭仁さん2019年5月24日 ■訃報■本紙パラー州通信員の下小薗昭仁さん  【既報関連】本紙のパラー州通信員の下小薗昭仁さんが22日午前8時半、同州ベレンのアマゾニア病院で亡くなった。享年81。死因は肺炎の悪化によるもの。  下小薗さんは1937年8月29日生まれ、鹿児島県伊佐市出身。20歳、1957年10月にアマパー州マザゴン植民地へ入植した。 […]
  • 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に2019年6月8日 日本政府が4億円余りの支援=伯国のベネズエラ難民流入に  在ブラジル日本国大使館の山田彰大使は今月6日にブラジリアで、ブラジルの国連難民高等弁務官事務所のジョゼ・エガス代表と「ベネズエラ難民・移民人道支援計画」の書簡の交換を行った。これにより、日本政府がベネズエラからの難民・移民が流入しているブラジルに対し、最大4億1700万円の無 […]