ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■川田敏之さん

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。
 長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。
 87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年6月から95年6月まで会頭を務めたほか、西部アマゾン日系協会でも相談役を務めるなどしていた。
 06年には、川田さんが執筆した自分史『遠い日々の奥アマゾン』が、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれていた。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスの川田敏之さんが亡くなった。自分史『遠い日々の奥アマゾン』が06年、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれ、ニッケイ新聞でも掲載したので憶えている読者もいるのでは。本紙2010年1月1日号で川田流「ガラピン健康法」を披露してくれた。これはガラナをピンガに漬け込んだもの。川田さんが“研究 ”を重ねた末に編み出した作り方は次のとおり。アルコール度数が強め39~40度のピンガ1本と、ガラナの乾燥実を用意する。次に皮を剥いたガラナを12~15粒放り込む。後は半年以上寝かせてじっくりエキスが出るのを待つだけ。「ピラルクーの刺身をつまみながらの一杯は格別」だとのこと。日本で大賞を獲得した自分史も、これを一杯やりながら書いたという。今頃天国で懐かしい親友に再会し、ガラピンでさっそく乾杯しているかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 川田敏之さん=「やっぱりピンガ」=ガラピン健康法はいかが!?2010年1月1日 川田敏之さん=「やっぱりピンガ」=ガラピン健康法はいかが!? ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  「他の酒はもう飽きちゃってね。開拓者はどうしてもピンガに戻るんだよ。悲しいことも嬉しいこともピンガと共にあった。帰巣本能っていうやつだね」と笑うのはニッケイ新聞の前連載小説「奥アマゾン、片道切符」の筆者、川田敏之さん(長崎)。79歳 […]
  • コラム オーリャ!2009年12月5日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年12月5日付け  アマゾン移民80周年も終わりに近づく年の暮だが、他の記者に遅れてアマゾン入り。3日に最終回を迎えた本紙の連載小説「片道切符『奥アマゾン』」の筆者川田敏之さん(長崎)を訪ねた。 […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]
  • 大耳小耳2014年2月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月14日  ブラジルのアマゾンフルーツ、特にアサイーを使った商品がちょくちょく目に付くようになった日本で、また新たな栄養ドリンクが発売された。その名も「ORGANIQ(オルガニック)」、なんとアサイー、ガラナに加えマテ茶を配合しているとか。すべての原 […]