ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■川田敏之さん

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。
 長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。
 87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年6月から95年6月まで会頭を務めたほか、西部アマゾン日系協会でも相談役を務めるなどしていた。
 06年には、川田さんが執筆した自分史『遠い日々の奥アマゾン』が、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれていた。


□関連コラム□大耳小耳

 マナウスの川田敏之さんが亡くなった。自分史『遠い日々の奥アマゾン』が06年、日本自分史学会主催「第九回私の物語・日本自分史大賞」の国際賞に選ばれ、ニッケイ新聞でも掲載したので憶えている読者もいるのでは。本紙2010年1月1日号で川田流「ガラピン健康法」を披露してくれた。これはガラナをピンガに漬け込んだもの。川田さんが“研究 ”を重ねた末に編み出した作り方は次のとおり。アルコール度数が強め39~40度のピンガ1本と、ガラナの乾燥実を用意する。次に皮を剥いたガラナを12~15粒放り込む。後は半年以上寝かせてじっくりエキスが出るのを待つだけ。「ピラルクーの刺身をつまみながらの一杯は格別」だとのこと。日本で大賞を獲得した自分史も、これを一杯やりながら書いたという。今頃天国で懐かしい親友に再会し、ガラピンでさっそく乾杯しているかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ2020年7月23日 在ブラジル日本大使館職員募集のお知らせ  日本国外務省は、令和3年2月1日~令和5年1月31日までの在ブラジル日本大使館職員を臨時募集している。常勤の国家公務員として採用後、ブラジル外交・政治分野の担当官として同大使館にて勤務するとのこと。応募資格は以下の通り。 (1)大学卒業又は同等の学歴を有する者。  (2)一 […]
  • 尋ね人=谷川淳三さん2020年7月11日 尋ね人=谷川淳三さん  熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。  淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。  消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・ […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」2020年7月22日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(12)=見るも恐ろしい「森林梅毒」  戦前、日本移民の最大の敵はまさにマラリアや森林梅毒、十二指腸虫病、トラコーマ、黄熱病などの感染症だった。  中でもマラリアの次に、戦前の日本移民を悩ませたのが「リーシュマニア症」で、移民は「森林梅毒」と呼んでいた。ポ語では「Leishmaniose」、ポ語通称「ferida […]
  • 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長2020年7月4日 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)はサンパウロ州・市当局によるクアレンテナ(検疫)延長の指示に従い、文協事務局、日本館、日本移民史料館、国士舘スポーツセンターの施設休館を、7月14日まで延長することを発表した。  なお図書館のみ8日(水)から一部サービス限定で […]
  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]