ホーム | 日系社会ニュース | 伯人20人が将棋に親しむ=文協青年部の日本文化体験会

伯人20人が将棋に親しむ=文協青年部の日本文化体験会

将棋ワークショップの様子

将棋ワークショップの様子

成駒の説明をするユージ・国成・ホドリゴ講師

成駒の説明をするユージ・国成・ホドリゴ講師

 ブラジル日本文化福祉協会青年部(ギリェルメ・セイゴ・マツモト部長)は17日、同協会ビル貴賓室で将棋のワークショップ(参加体験型グループ学習会)を開催した。将棋未経験の伯人ら20人が参加し、4時間の体験型授業で将棋文化に親しんだ。ブラジル将棋連盟、卓上遊戯愛好会JOTA、将棋サークルRECANTO DO SHOUGIが協力。
 企画したのは文協青年部員で愛棋家のマイッコ・ギマラエスさんとアンドレ・ゴンサウベスさん。近年、漫画やアニメの影響から将棋に興味を持つ伯人が増えており、「文化普及の好機」を捉えて企画を実現させた。
 ワークショップでは、将棋の歴史に関する講演が行われ、駒の動かし方、練習試合、奇襲戦法「鬼殺し」の紹介が行われた。最後にはブラジル将棋連盟から参加者へ級位認定証が贈られた。
 参加した照屋レナト健二さん(21、三世)は「将棋のルールや戦術の説明がとてもわかりやすかった。22級の認定証も貰えてとても嬉しかった」と感想を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ