ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相が治安の専門家の指名取り消す=大統領支持者たちの反対で

《ブラジル》モロ法相が治安の専門家の指名取り消す=大統領支持者たちの反対で

 セルジオ・モロ法相は2月28日、ボウソナロ大統領の支持者の強い反対を受け、2月22日に刑事・刑務所政策審議会の代替委員に選んだイローナ・スザボー・デ・カルヴァーリョ氏の指名を断念した。1日付現地紙が報じている。
 スザボー氏はスイスのウプサラ大学で治安政策に関する博士号を取った才媛だ。治安や司法などに関する調査を行う団体「イガラペー」の共同設立者で、現在は理事長を務めている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意2020年9月19日 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意  最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は17日、ボウソナロ大統領が最高裁から命じられていた、「連邦警察への介入疑惑」に関する供述の期限を、大法廷での審理後に延期し、審理までは捜査も差し止めさせる命令を出した。これは、大統領がどのような形で供述を行うかを最高裁内部で審理 […]
  • 《ブラジル最高裁》フクス判事が長官に就任=検察寄り審判傾向でリベラル派2020年9月12日 《ブラジル最高裁》フクス判事が長官に就任=検察寄り審判傾向でリベラル派  10日、最高裁の新長官にルイス・フクス氏が就任した。11日付現地紙が報じている。同長官は2年の持ち回り制で、長官未経験者の中で最高裁在籍期間が最も長い人が就任する。  1953年にリオで生まれたフクス氏は、グアナバラ(現在のリオ)州立大学で法学を学び、1983年にリ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボウソナロ […]
  • 《ブラジル》汚職撲滅LJ作戦リーダーが辞任=解任危機が迫っていた最中=表向きは個人的理由2020年9月3日 《ブラジル》汚職撲滅LJ作戦リーダーが辞任=解任危機が迫っていた最中=表向きは個人的理由  ラヴァ・ジャット作戦(LJ)開始以来、特捜班の主任を務めていた連邦検察庁パラナ支部の検察官、デウタン・ダラグノル氏が1日、LJ主任を辞任すると発表した。表向きは個人的な理由だが、このところ、LJに関する疑惑が次々に表面化し、同氏の責任を問う声が絶えなかった。2日付現地 […]
  • 《ブラジル》最高裁がモロ判決を無効化=バネスタード事件被告を無罪に2020年8月27日 《ブラジル》最高裁がモロ判決を無効化=バネスタード事件被告を無罪に  最高裁第2小法廷が25日、セルジオ・モロ前法相がパラナ州連邦判事時代に担当したバネスタード事件に関する裁判で、不正に関与したオペレーターと判断された被告に対する罪状を無効にする判断を下した。26日付現地紙が報じている。  バネスタード事件とは、1990年代にパラナ州 […]