ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レルネル元パラナ州知事が死去=クリチバ都市設計で実績

《ブラジル》レルネル元パラナ州知事が死去=クリチバ都市設計で実績

在りし日のレルネル氏(Arquivo/Governo do Parana)

 建築家出身で、クリチバ市長やパラナ州知事を歴任したジャイメ・レルネル氏が27日の早朝に亡くなった。83歳だった。27日付現地紙が報じている。
 レルネル氏はユダヤ系ポーランド人の2世で、1937年にクリチバ市で生まれた。1964年にパラナ州連邦大学の建築科を卒業後、クリチバ市の都市計画プロジェクトに参加した。
 1971年に国家革新同盟(ARENA)に入党して政治家となり、1971年にクリチーバ市長となる。同市長には71〜74年、79〜83年、89〜92年の3度つとめた。レルネル氏はこの時代に、クリチバ市の都市設計とBRTを中心とした統合的な交通システム構築で実績を上げ、国際的にも知られるようになった。

 さらに94年、98年のパラナ州知事選にも連続して当選し、95〜02年まで知事をつとめた。
 その後は国際建築家連合(UIA)の会長に選ばれるなど、都市建築の分野の大御所として知られていた。
 同氏は腎臓病を患い、人工透析も受けていた。21日に発熱をみて入院したが、慢性腎臓疾患で合併症を起こしており、助からなかった。

★2014年5月3日《ブラジル》『中村ひとし物語』刊行=活躍したブラジル移民を紹介
★2008年3月6日《ブラジリア》遷都五十年で再開発=中心部を超モダン都電が走る

image_print

こちらの記事もどうぞ