ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス(マルセロ・アラウジョ館長)は、講演会「日本食における麺類の多様性」を21日午後7時から、同館(Avenida Paulista, 52)で行う。高級日本食レストラン「藍染」の料理人・白石テルマシェフを講師に招き、らーめん、うどん、蕎麦等の多様な麺類の基礎について説明し、その調理方法や人気のレシピを紹介する。当地では焼き蕎麦が大衆食として根付き、ラーメン店が続々と開店するなど人気を博している麺類だが、蕎麦、素麺などは食べ方を知らないブラジル人も多いかも。今現在、当地では冷たい主食を食べる習慣はあまりないが、このような取り組みで一般化すれば、いずれは当地でも冷たい素麺をすするのが夏の風物詩として定着するかも。

                          ◎

 「あるぜんちな丸」に乗船しブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなどへ移住した人たちを50年目に撮影した番組「移住50年目の乗船名簿」の第1回「アマゾンに生きた人々」が24日午後9時から、NHKワールド・プレミアムで放送される。同作品は元NHKディレクターの相田洋氏が、移住者がどのような人生を歩んだのか10年ごとに取材する「乗船名簿シリーズ」。50年目の同作品では、24日の第一回目を皮切りに翌25日の午後9時から第2回「夢と希望と愛の軌跡」、その後順次第3回、第4回と放映されるので、ぜひ観てみては? その感想を「ぷらっさ欄」まで投稿を!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?2020年6月3日 らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?  【らぷらた報知5月21日号】アルゼンチンメルコスール議会は、アマゾンを始め、パラナ川、イグアス川、ウルグアイ川、パラグアイ川の「水と環境の非常事態」を宣言するよう地域ブロックの国々に要請した。  これはパラグアイとアマゾン周辺地域の森林破壊によりおこるもので、現在行 […]
  • 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に2020年3月31日 福岡県人会=母県から7月式典の準備で来伯=コロナ危機で急きょ中止に  今年7月19日に県人会創立90周年及び県人移住110周年式典を開催する、ブラジル福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長)の準備のために、公益財団法人福岡県国際交流センターの福島明彦専務理事と加藤奈美企画交流部主任が来伯し、3月9日に来社した。その後、同式典はコロナウイル […]
  • 「即位の礼」=世界の日系人代表して33人=ブラジルからも7人が皇居へ2019年11月2日 「即位の礼」=世界の日系人代表して33人=ブラジルからも7人が皇居へ  10月22日に、新天皇陛下のご即位を国内外に宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」が東京の皇居・宮殿で行われ、世界194カ国の要人約2000人が日本政府から招待された。その中にはブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領も含まれていた。  また、日本国外務省から汎米(ブ […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(14)=移民の人生は「小説より奇なり」2019年10月29日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(14)=移民の人生は「小説より奇なり」  その日、細田宏志さんにとってどうしても外せない用事があった。祖国から岩手県知事一行がパラグアイに訪れており、県から融資を受けていた細田さんは、歓迎会のために妻と幼い息子2人を置いて出かけた。  歓迎会が終わり、約8キロの暗い帰り道を歩いていた細田さんは、理由のない妙 […]
  • 《ブラジル》アマゾンに再生の危機?=このまま行けば修復不能に2019年8月24日 《ブラジル》アマゾンに再生の危機?=このまま行けば修復不能に  【既報関連】ブラジルを中心に広がるアマゾンの熱帯雨林で、森林伐採や、伐採後の土地を農牧地として使えるようにするための焼畑などに起因する森林火災が急増し、世界中の目がブラジルに集まっている。  アマゾンの熱帯雨林は世界中のバイオマスの10%を有し、世界中の酸素の20% […]