ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国による、ブラジル食肉施設の監査日程決まる=禁輸解除に向けて一歩

米国による、ブラジル食肉施設の監査日程決まる=禁輸解除に向けて一歩

 米国農務省は25日、ブラジル農牧供給省に対し、6月10~28日に、ブラジル国内の食肉生産・処理施設の衛生検査システムの監査を行うと通知した。25、26日付ブラジル各紙・サイトが報じた。

 「これは、ブラジル産生肉の対米国輸出再開のための重要な一歩」と、ブラジルのテレザ・クリスチーナ農牧供給相は語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ