ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》政府介入で燃料価格値上げ見送り、翌日の株価は大きく下げる=「私は経済の専門家じゃない」とうそぶくボウソナロ大統領

《ブラジル》政府介入で燃料価格値上げ見送り、翌日の株価は大きく下げる=「私は経済の専門家じゃない」とうそぶくボウソナロ大統領

 ブラジルの石油公社ペトロブラス(PB)が11日、12日からディーゼル油の精油所価格を5・74%引き上げると決めたのに、その晩、ボウソナロ大統領からの介入が入り、値上げを断念した。これを受け、12日のPB株は大きく値を下げた上、それに引きずられたサンパウロ株式市場指数(Ibovespa)も大幅ダウンで推移した。
 ブラジリア時間の12日午後3時40分頃を見ると、Ibovespaは前日比1・85%ダウンの9万2999ポイントで、PB株は、通常株が8・04%ダウン、優先株が67・39%ダウンだった。ただし、12日の大幅ダウンにも関わらず、PB株は年初より15%アップした水準を保っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ