ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領の独断で株価が大幅ダウン=ゲデス経済相は「話せばわかる」と発言

《ブラジル》大統領の独断で株価が大幅ダウン=ゲデス経済相は「話せばわかる」と発言

 石油公社ペトロブラス(PB)が11日にディーゼル油の値上げを発表したが、その夜の内にボウソナロ大統領が“待った”をかけた事で、翌12日の株価は大きく下がった。米国訪問中だったパウロ・ゲデス経済省はそれを受け、「大統領が少々、経済合理性に欠ける行動をとったとしても、問題は解決できる」と発言したと、14日付現地紙が報じた。
 12日のPB株は8・5%下がり、時価総額にして320億レアル分が失われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ