ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束

サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束

 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は22日、来年1月にサンパウロ市のモノレール線(15号線)に四つの駅を開通させると宣言した。23日付現地紙が報じている。
 開通予定の4駅とは、ジャルジン・プラナウト、サポペンバ、ファゼンダ・ダ・ジュッタ、サンマテウスだ。いずれもサンパウロ市東部に位置しており、現行の東側の終点であるヴィラ・ウニオン駅の先に伸びていくことになる。
 同線の延長工事は、8カ月間にわたって中断されていたが、22日から工事が再開された。ドリア氏は同日、サンマテウス駅で取材に応じ、「今年の年末までには出来上がり、来年1月には試験運行、開通となる予定」と話している。
 サンパウロ州は、これまでの工事担当だったアゼヴェド&トラヴァッソス社との契約を、工事遅延などの理由で700万レアルの罰金と共に解除。工事を継続するのはステル・エンジェニャリア社で、自転車道などの建設込みの契約額は4750万レアルだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]