ホーム | 日系社会ニュース | 報告書発行で110周年に終止符=大井セリアさん編集担当

報告書発行で110周年に終止符=大井セリアさん編集担当

菊池委員長と大井さん

菊池委員長と大井さん

 ブラジル日本移民110周年記念祭典実行委員会(菊地義治委員長)は、『「感謝と希望」ブラジル日本移民110周年記念祭典事業報告書』を4月30日に発行した。編集を担当したのは大井セリアさん。
 報告書には眞子内親王殿下のご来伯や、2千人の出演者が舞踏や太鼓を披露した豪華芸能ショーの様子が、多くの写真(ニッケイ新聞提供)と共に記録されている。
 菊地実行委員長は豪華芸能ショーを振り返り、総合プロデュースの上原テリオ氏と総合演出の斎藤悟氏が、普段はライバル意識をもつ芸能団体に協力を持ちかけてまとめ上げた功績を高く評価した。「日本から来た要人やジャーナリストも『日本でも見られない』と驚いていた」と思い出す。
 また同実行委員長が特に注目してほしいと話すのは反省会の記事「ブラジル日本移民110周年記念祭典事業を振り返って」だ。準備開始の遅さに関する指摘や、資金調達の難しさ、各祭典の課題などについて語られている。同実行委員長と大井セリアさんは「次の120周年の際にはこの反省点を参考に、より良いものを作ってほしい」との期待を語った。
 報告書の発行部数は千部。ブラジル日本文化福祉協会ビルにて販売が行われている。関係者には1冊のみ無料、2冊以上は購入。また関係者以外には1冊20レアルで販売している。


□関連コラム□大耳小耳

 『「感謝と希望」ブラジル日本移民110周年記念祭典事業報告書』の発行を終え、一連の110周年関連事業に区切りをつけた菊地委員長。次の周年事業について「優秀な人は多くおり、団結すれば大きな力になる」と期待を寄せた。一方で今回の110周年では、実行委員長の選出に難航したのも事実。呉屋春美110周年祭典協会会長(当時)も反省会で、「実行委員長を引き受け、積極的に活動してくれる人を探すのは非常に難しかった」と述べている。最終的に菊地氏が就任し、1年半という短期間で一連の祭典事業を成功裏に収めたが、反省会では「菊地氏個人に頼り過ぎていた」という声も挙がっていた。今後の周年事業でも、「誰がリーダーを担うのか」が第一の焦点となりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ危機=本紙印刷版発行を一時中断=25日からサイト更新のみ=緊急事態、読者のご理解を!2020年3月24日 コロナ危機=本紙印刷版発行を一時中断=25日からサイト更新のみ=緊急事態、読者のご理解を!  ニッケイ新聞は23日に社内会議を開いた結果、諸々の状況を考え合わせ、25日(水)付から印刷版はしばらくお休みにし、インターネットのサイトだけ記事更新をしていくことになった。具体的にはPDF版とWeb版の発行を続ける。サイト上ではブラジル国内の翻訳記事(2面)と日系社会 […]
  • 松浦アントニオさんが寄付=合計5千レアルを5団体に2020年3月13日 松浦アントニオさんが寄付=合計5千レアルを5団体に  松浦アントニオさん(89、二世)=サンパウロ州サンミゲル・パウリスタ在住=が20日に90歳の誕生日を迎え、創業したマツウラ・セグーロス社も60周年の節目を迎えるにあたり、祝賀会用に準備していた資金(合計5千レアル)をニッケイ新聞、ブラジル静岡県人会、サンパウロ日伯援護 […]
  • 本紙印刷版一時休止、サイト閲覧を!=スマホでニッケイ新聞を読むには2020年3月24日 本紙印刷版一時休止、サイト閲覧を!=スマホでニッケイ新聞を読むには  コロナウイルス感染拡大防止策として、サンパウロ州知事は本日24日より外出禁止令の施行を発表した。それに伴い、印刷や配達などに問題が生じ、25日付の本紙から紙での発刊を一時休止する事となった。  ただし、その間もインターネットのサイトでは記事の更新は引き続き行われ、パ […]
  • 内閣総理大臣補佐官から礼状=木原稔氏「再建に向けて全力」2019年11月29日 内閣総理大臣補佐官から礼状=木原稔氏「再建に向けて全力」  内閣総理大臣補佐官の木原稔氏から本紙の高木ラウル社長に、以下のような手紙が届いた。高木社長が送った台風被害に関するお見舞い状への礼状だ。大統領も安倍首相にお見舞いのメッセージをおくっていたことや、弊紙の記事をチェックしてくれていることが伺われる内容だ。高木社長からの注 […]
  • ブラジル日本青年会議所=浅村マルセロ新会頭が就任=「成長するために革新する」2020年2月19日 ブラジル日本青年会議所=浅村マルセロ新会頭が就任=「成長するために革新する」  ブラジル日本青年会議所(JCIBJ、和田ロドルフォ会頭)が10日、『2020年役員就任式』をサンパウロ州議会で開催し、浅村マルセロ新会頭ら新役員が就任し、約130人が祝福した。  冒頭、青年会議所創立者の今井ヤスオ氏に1分間の黙祷が捧げられた。  ブラジル日本商工 […]