ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日の話題を独占したモロ法相の上院での質疑応答。朝から1日中生中継されたが、国民の反応は「五分五分」といった感じか。ツイッター上では、モロ氏を「英雄」と称えたり、「ラヴァ・ジャットを守れ」と鼓舞するハッシュタグも多く見受けられた。だが、その一方、フェイスブックのメディアの記事には、左派だけでなく、中道系のメディアでも、モロ氏の発言に対して笑いや怒りの絵文字が多くつけられており、コメントも厳しいものが少なくなかった。なお、モロ氏は18日にもSBT局のバラエティ番組「プログラマ・ド・ラチーニョ」に出演して釈明を行ったが、視聴率は同番組で今年最も低い数字だったという。
     ◎
 18日のコパ・アメリカでの対ベネズエラ戦を0―0の引分で終えたセレソン。ベネズエラは長年、「南米最弱クラス」のイメージが強いゆえか、試合後に「屈辱」と多くの国民が騒いでいた。だが、冷静に考えみれば、「決まった」と思ったシュートが3回も無効にされたのだから、さすがに、「それでも勝て」というのは難しいのでは。また、ベネズエラは、3月のアルゼンチンとの親善試合も3―1で勝利しており、決して油断できる相手ではない。
     ◎
 今日20日は聖体日(コルポス・クリスチ)の祝日のため、明日の金曜日も休みをとって4連休にする人が少なくない。予報だと、この4日間の天気は、晴れのち曇りの日が多く、雨は降らなさそうだが、日中の最高気温はいずれも20度台前半で、最低気温は15度以下と、やや肌寒い。上着を持って出かけた方が良さそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声  6月18日はブラジル日本移民の日だが、国際的には5日の「国際環境デー」の方が知名度が高い。日本でも6月を環境月間としているが、ブラジルでは環境月間という見方はないようだ。この環境問題は、ボルソナロ大統領の言動が世界とのズレを生じていることで、注目を浴びている部分でもあ […]
  • 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず2021年6月22日 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず  21日に国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が発表したデータにより、2020年のブラジルへの外国投資は62%も減少していたことが明らかになった。21日付現地サイトが報じている。  同会議のグローバル投資動向モニターによると、2020年のブラジルへの国外からの投資は250億ド […]
  • 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン2021年6月22日 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン  「メキシコ人はインディオから、ブラジル人は密林から、我々は船に乗ってヨーロッパから来た。私の名字、フェルアンデスはその証しだ」――アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は9日、スペインのペドロ・サンチェス首相を首都ブエノス・アレスに迎えて、そう問題発言をし、ブ […]
  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]
  • 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ2021年6月12日 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ  10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために […]