ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相=下院CCJでも同じ答弁=野党議員からは集中砲火=最後は「泥棒」とも罵倒され

《ブラジル》モロ法相=下院CCJでも同じ答弁=野党議員からは集中砲火=最後は「泥棒」とも罵倒され

 

2日のモロ法相(Lula Marques)

 2日、セルジオ・モロ法相は6月19日の上院憲政委員会(CCJ)に続き、下院CCJで、情報漏洩で浮上したラヴァ・ジャット作戦担当判事時代の疑惑に答えた。だが、上院の時と同じ答弁の繰り返しに終始し、野党議員から痛烈な口撃を受け、答弁会は混乱の内に終わった。3日付現地紙が報じている。
 6月19日の上院のCCJ以降、「ジ・インターセプト・ブラジル」からの漏洩報道は、大手メディアが協力する形で拡大している。だが、下院CCJでのモロ氏は相変わらず、「自分は被害者」「本物とは認められない」「判事と検察の会話は普通のこと」「改ざんされている」との主張を繰り返すことに終始した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ