ホーム | コラム | 樹海 | わかっちゃいるけどやめられない!?

わかっちゃいるけどやめられない!?

 その昔、「わかっちゃいるけどやめられない」という歌詞の入った曲があった。「わかっちゃいるけど」の後には、「始められない」「言い出せない」など、色々な台詞も入りうる▼身近な人が「止められない」と言う例には喫煙や浪費癖、飲酒、喧嘩などがある。3日のTVでは、喫煙者は視力を失う可能性大との研究結果や、様々な理由で煙草を止めた人や止められずにいる人へのインタビューが報じられた。心筋梗塞を起こして緊急入院、手術後に医者から禁煙を言い渡されたが、止められないとこぼした知人もいる▼「心筋梗塞や手術など痛い思いをしても止められないのか」と思ったのは十数年前。だが、「夜8時には会社を出、12時前に寝ろ」との医師の忠告を守れない人、糖尿病なのに炭酸飲料や菓子を止められない人、携帯電話を手放せず夜更かしをして起きられない人、一つ言われたら二つ言い返す人など、例を挙げたらきりがない▼コラム子の周りには、根は優しいが、負けず嫌いで思った事をすぐに口に出すため、あちこちで衝突する青年もいる。だが、彼の持ち味は弱さを持つ人の傍にいられる事だ。友人と話し込んで午前様もしばしばで、家族が「心配で眠れない」と嘆く声も出るなど、周囲に迷惑をかけるのが玉に瑕だが▼頭でわかっていても、止めるべきは止めるを実行するのは難しいし、批判に終らず、建設的な物言いを常にというのは至難の業。先の曲を歌った歌手は「こんな歌がヒットするようでは悲しい」と悩んでいたそうだ。他者への迷惑や健康被害は避けて欲しいが、こんな矛盾を抱えているのが人間と思えば、一緒になって笑い飛ばす余裕も出てくるかも。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 小さな注意が大きな差を生む2019年7月18日 小さな注意が大きな差を生む  このところ、気を重くさせるような話ばかりが続いていたが、サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテの町からちょっと嬉しい話が届いた▼主人公は大天使ミカエルのシャラー(同名の人)で、8歳の少年だ。ミカエル君は常々、「僕が使うバス停はいつもごみで汚れている」とこぼしていた。母親のミカルさ […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]