ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》前史時代の爬虫類の化石=11歳の少年が見つける

《ブラジル》前史時代の爬虫類の化石=11歳の少年が見つける

化石を搬出するための作業を行うジョナス氏とそれを見守るロブソン君達(17日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル北部のアクレ州ブラジレイアで、11歳の少年が、前史時代の爬虫類の化石を見つけた。
 父親のジョゼ・ミリタン氏(58)と共にアクレ川に釣りに来ていたロブソン・カヴァウカンテ君が、川岸で何か感触の違うものを踏んだのに気づいたのは11日。
 翌日、現場に戻ったミリタン氏が鍬などを使って注意深く掘ったところ、化石だと判明。少年は最初、恐竜の化石をみつけたと思ったという。
 自分も前史時代の動物の歴史に興味があり、川に行く時はいつも、川の近くを掘って化石を探したりしてきたというミリタン氏は、息子も段々、前史時代の動物に興味を持ち始めたと語る。
 同氏によれば、化石を見つけた時、ロブソン君は、「お父さん、ほら。恐竜の化石だよ。やっと夢がかなったね。嬉しいな~」と言ったという。
 この話がブラジレイアの町に知れ渡ると、古代生物学者でアクレ連邦大学のジョナス・フィーリョ氏がそれを聞きつけて現場に急行。化石を取り除く作業を注意深く進め、16日に、化石を壊す事もなく搬出した。
 ジョナス氏によると、見つかったのは、800万年以上前にアマゾンの森林地帯の川の周辺に生息していたワニのプルサウロの下あごの化石だ。プルサウロはアマゾンの森林地帯に生存していた大型爬虫類の一種だが、今回のように完全な形の下あごの化石が発見されたのは初めてだという。
 ジョナス氏は、下あごの化石の傍には頭蓋骨の化石も頭を見せているようだと説明し、今回の発見は非常に価値が高いとほめそやした。
 また、ミリタン氏が非常に注意深く、丁寧に化石を扱った事を高く評価し、「忍耐強く、専門家のような慣れた人の仕事だ」「化石には何の損傷も与えていなかった」と祝辞を贈った。
 さらに、「多くの人はこの場所を通り、化石を踏みつけていたのに何も気づかなかったが、ロブソン君は、何か違うものがあると気づき、化石発見に至った。学校の先生は彼に科学で最高点をあげるべきだ」と語った。
(17日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?2020年12月3日 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?  ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で11月30日から12月1日にかけて、同州史上最大で最も暴力的とされた銀行強盗が起きた直後の2日未明、ブラジル北部のパラー州でも全く同様の手口の銀行強盗事件が起き、死傷者も出た。  今回は、アマゾン川流域のパラー州州都ベ […]
  • 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か2020年12月2日 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か  国立宇宙研究所(Inpe)の発表によると、法定アマゾンは2019年8月~2020年7月の1年間に前年同期比で9・5%増となる1万1088平方キロの森林を失ったと11月30日、12月1日付現地紙、サイトが報じた。ただし、この伐採増加率は予想よりは低かった。  今回発表 […]
  • 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から2020年12月1日 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から  日本政府は1日に外務大臣表彰を発表し、ブラジルからは23人と1校が受賞した。外務大臣表彰は,多くの人が国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の […]
  • マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に2020年11月25日 マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に  在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は11月6日、日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力による「リョータ・オヤマ州立小学校運動場整備計画」の贈与契約署名式を、同校の父兄教師コミュニティー協会(APMC、オザナ・リマ会長)との間で行った。  同計画は小学 […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]