ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領「息子優遇の何が悪い?」=駐米大使任命問題で放言連発

《ブラジル》ボウソナロ大統領「息子優遇の何が悪い?」=駐米大使任命問題で放言連発

エドゥアルド・ボウソナロ下議(Paola De Orte/Ag. Brasil)

 【既報関連】ブラジルのジャイール・ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は18日、自分の三男、エドゥアルド・ボウソナロ下議(PSL)を駐米ブラジル大使に指名する考えを再度強調した。18、19日付ブラジル各紙・サイトが報じた。
 「私が自分の息子を優遇しようとしている? その通りだ。息子に上等の肉を食わせられるならそうする。まあ、今回の件は上等の肉とは関係ない。世界最強国家との友好関係を強化するためだ」と大統領はインターネット中継で語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ